« Dressを読んでみた。 | トップページ | 2013年イラク・ファルージャにおける先天性障がいに関する事実調査報告書を公表しました。 »

2013年4月14日 (日)

スーチーさんの来日・未来を育てる活動を続けていこう。

昨日、来日したアウンサンスーチーさん対話集会に参加しました。
スーチーさんの演説で新鮮だったのは、まず政治的主張よりも、まず人間としての道をビルマ人に対して語りかけていたこと。「どこにいてもビルマ人としての誇りをもって生活してほしい。」と、まるでお母さんのように語りかけていたのが印象的でした。みんながそんなスーチーさんを人間として尊敬している様子。
そしてとてもエレガントなのにびっくりしました。
ビルマの民主化にかけた彼女の生き方、犠牲、勇気をみんなが尊敬しています。
彼女が政治家という存在を超えて、精神的支柱であることがわかりました。

今日はビルマ人の人たち、中には懐かしい顔にもたくさん再開しました。一番前のほうの席に案内していただき、みんなと写真を撮ったり。いろいろ課題はあるけれど、スーチーさんが軟禁から解放され、来日する程度までに民主化の兆しが見えて、よかったよね、、、と思いました。

Assk

ただ、民主化の課題は山積しているようです。
特に軍政下で教育が放置されていたため、次世代を担う、民主化を含めた国の再建を支える人たちが不足していること。
NLDのリーダーも育っていないとのこと。
その意味で、私たちがみらいの法律家たちに対して行っている人権・民主主義の教育活動、ピースローアカデミーの活動も、今後さらに重要になってくると痛感しました。
私たちはヒューマンライツ・ナウで、2009年から未来の法律家を育成する活動を続けてきましたが、これからも続けていかなくては、と思いを新たにしました。

ピースローアカデミーの活動はこちらを是非ご覧ください。

http://hrn.or.jp/activity/project/cat47/peacelaw/

« Dressを読んでみた。 | トップページ | 2013年イラク・ファルージャにおける先天性障がいに関する事実調査報告書を公表しました。 »

ビルマの人権状況」カテゴリの記事

フォト

新著「人権は国境を越えて」

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブサイト

ウェブページ

静かな夜を

リスト

無料ブログはココログ