« ジュネーブ国連人権理事会に出張です。 | トップページ | モントルーでお休み »

2013年3月10日 (日)

国連人権理事会で福島の人権状況について発言

金曜日のジュネーブ人権理事会で、福島の人権状況について発言する機会がありましたので、発言をしてきました。
ヒューマンライツ・ナウは国連特別協議資格を取得しましたので、正式に発言の権利を認められ、初めて発言することになりました。
私自身、ニューヨークの国連女性の地位委員会等で日弁連として発言をしたことがありましたが、ヒューマンライツ・ナウとして発言するのは初めてで、ちょっと緊張。
発言時間は2分と制限されていますので、そんなにいろいろと話せないのが残念でしたけれど、原発事故、という話題は人権理事会ではほとんどされませんので、みんなが驚いたり、注目している様子がわかりました。

恥ずかしいですが、こちらのUNウェブキャスト、というところで、発言の模様全てがビデオ撮影されています。

http://webtv.un.org/watch/item:3-general-debate-contd-24th-meeting-22nd-regular-session-human-rights-council/2212973447001/

私がこの日最後の発言者でしたので、一番最後のほうに移っています。

発言内容は英語ですが、以下の通りです。


Human Rights Now
Oral statement on General Debate under agenda item 3
UN Human Rights Council 22nd Session,
Geneva, 25 Febrruary-22 March 2013

Human rights situation of the people affected by nuclear hazard.

Thank you President,

Human Rights Now expresses grave concern over the human rights situation of the people affected by nuclear disaster.
After the Chernobyl disaster, significant number of children got disease and died, however the magnitude of the problem has been underestimated by the international community.

Two years ago, another nuclear accident happened in Fukushima, Japan.
Despite huge amount of radioactive material contaminated East Japan, the response of the Japanese government has been insufficient to protect people’s right to health and life.
Many people in Fukushima, including pregnant women and children still live in highly contaminated areas, because the government limits evacuation zones based on 20 millisieverts per year exposure standard, which is indeed 20 times greater than the international protection standard.
Without any support for relocation, many people have no choice but to stay in contaminated areas.
The medical check provided by the government is slow and insufficient despite cancer appears among affected children.

It is urgently required to provide sufficient compensation and support for relocation to people living in all contaminated areas. Affected people must be provided comprehensive medical check and care.

In this regard, we welcome the work of UN Special Rapporteur on Rights to Health. He investigated above situation in Japan and will submit his report to the next Council session.
Mr. President, nuclear hazard is universal problem in the current world.
We ask the Human Rights Council to act on this important matter, protection of the rights to health and life of people, especially children affected by nuclear hazards.
Thank you.

« ジュネーブ国連人権理事会に出張です。 | トップページ | モントルーでお休み »

ヒューマンライツ・ナウ」カテゴリの記事

フォト

新著「人権は国境を越えて」

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブサイト

ウェブページ

静かな夜を

リスト

無料ブログはココログ