« 離婚の慰謝料水準を考える。 | トップページ | 閉塞感を感じない、毎日の暮らし方 »

2012年7月 8日 (日)

雑誌「科学」(岩波書店)に巻頭言を掲載させていただきました!

雑誌『科学』岩波書店7月号に巻頭エッセイを寄稿させていただきました。
とても素晴らしい雑誌で敬服していますので、本当に光栄なことだと思います。

タイトルは『人権が危機に晒されているー福島原発事故後の事態』です。

http://hrn.or.jp/activity/doc05212520120629181841.pdf

最近、特に震災・原発事故後に、現状をなんとか変えようとがんばられている真面目なジャーナリストの皆様とお会いしたり、お仕事ぶりを拝見する機会が増えました。本当によく勉強され、取材されています。
私もがんばらなければと、いつも刺激を受けております。

今回書かせていただいたのは、いつも訴えていることですが、なんとか短く、わかりやすくお伝えしようと書いてみました。
福島原発事故後に起きているのは、まさに人権の危機なのだと私は思います。
かけがえのない命、それは人権にほかならず、それが見捨てられている、特に自分から行動を起こせない、声を挙げられない人たち、経済的等の理由から移住が困難人、そして何も罪もない子どもが犠牲になっていく、というのはあまりにもひどいことだと思います。

« 離婚の慰謝料水準を考える。 | トップページ | 閉塞感を感じない、毎日の暮らし方 »

ヒューマンライツ・ナウ」カテゴリの記事

フォト

新著「人権は国境を越えて」

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ウェブサイト

ウェブページ

静かな夜を

リスト

無料ブログはココログ