« 一人の弁護士としての発言 | トップページ | 沖縄への基地強要は本質的にレイプと同じ »

2011年11月30日 (水)

カレ、夫、男友達


「カレ、夫、男友達」
http://www.nhk.or.jp/drama10/kare/

久しぶりにみているドラマ。
これは江國香織さんが女性誌Veryに連載していた小説「思いわずらうことなく愉しく生きよ」をもとに作成したものという。

私はこの小説が好きで、そのことをこのブログでも書いた「離婚に足を踏み出すなら」

http://worldhumanrights.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/post-ad98.html

とても素敵な長女がDVを受けて逃げ出せない。だけれど、近所に住む同じような女性をみて、一緒に逃げだすことにする。そこがなんとも切ないところなのだけれど、とにかく逃げ出す決心をする。

昨夜はその場面をちょうどやっていました。

« 一人の弁護士としての発言 | トップページ | 沖縄への基地強要は本質的にレイプと同じ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

フォト

新著「人権は国境を越えて」

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブサイト

ウェブページ

静かな夜を

リスト

無料ブログはココログ