« 明日から岩手に | トップページ | 仮設住宅で食糧供給を打ち切らないで。 »

2011年7月14日 (木)

岩手と南相馬で法律相談開始

ヒューマンライツ・ナウでは、赤い羽根共同募金のご協力を受けて先々週末から、岩手と南相馬で被災者の方々の法律・生活相談をさせていただくことになり、二週続けて被災地に行ってきました。

岩手では、遠野まごころネッ​トという現地支援ネットワークの活動が本当に素晴らしく心から感​銘を受けつつご一緒させていただいています。政治は混迷して進ま​ないけれどこういう賢く献身的な市民が地に足のついた活動をして​いる日本は捨てたものではない、すごい力を持っていると希望を感​じました。

先週土曜日はHRNで南相馬避難所で法律相談でした。南相馬の深刻さは​想像以上でした。なんといっても年間20ミリシーベルトを超えそうなところに、クーラーの設置されていない避難所があり、暑くて熱中症になりそうなので、ずっと開け放している。ストレスで酒浸りの人もいる、そんなところに子どもも暮らしているのです。復興の展望が何も決まっていない、補償もほとんどこない、そんな状況ですが、少しでもお役にたてればと思っています。

日曜日もHRNのメンバー4名が南相馬と大槌町で​活動していましたが、朝の地震は岩手では大変だったようで、大騒​ぎになってみんなで大槌中学校から高台に避難したとのこと、被災​者の方々も、毎日これでは心の休まる暇がないでしょう。。

これから被災地も夏、震災直後の寒さとはまた違う過酷な環境です。今後も​HRNでは、岩手沿岸部と南相馬への法律相談などの支援をしてい​く予定です。

« 明日から岩手に | トップページ | 仮設住宅で食糧供給を打ち切らないで。 »

ヒューマンライツ・ナウ」カテゴリの記事

フォト

新著「人権は国境を越えて」

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブサイト

ウェブページ

静かな夜を

リスト

無料ブログはココログ