« 国連人権理事会にて | トップページ | 福島原発の状況- 被ばくから身を守ってください。 »

2011年3月14日 (月)

あまりにも悲しくて、不安で

こんな悲しい現実はこの国でみたことがない。過去に一度もない。

帰国をしてからというもの、テレビから流れる目を疑うような光景に震撼とし続けている。

日本において、無実の市民の命がこんなにも多く、そして突然に奪われるとは。

自分は何もできないという、圧倒的な無力感にうちひしがれる。

原発が最悪の事態にならないか、とても気になる。どこまで真実を告げているのか政府や電力会社の言っていることが信用できない。心配で眠ることができない。

原発の偽りの安全神話が本当に音をたてて崩れていくが、取り返しがつかない。どうして私たちの国の人々は被爆をしなければならないのか、何度となく。。。

ああ、これ以上人々の命が無残に失われる事態になりませんように。祈るばかりです。

« 国連人権理事会にて | トップページ | 福島原発の状況- 被ばくから身を守ってください。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

フォト

新著「人権は国境を越えて」

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ウェブサイト

ウェブページ

静かな夜を

リスト

無料ブログはココログ