« 自国民に無差別攻撃! | トップページ | 少しだけ、京都を散歩 »

2011年2月28日 (月)

リビア情勢に関するステートメント

リビア問題で、私が事務局長をしております人権団体・ヒューマンライツ・ナウは本日以下のステートメントを発表しました。今後関連機関に送付を予定しています。

日本語・英語にて紹介します。

今回の事態に関しては、これまでの様々な事態とは異なり、国連人権理事会、安保理とも、迅速にコンセンサスによる対応をし、国際社会としてひとつのメッセージを送ることになったのがたいへん印象的でした。

事態の改善を心から願います。長文ご容赦ください。

【リビアにおける重大な人権侵害に関するステートメント】

東京に本拠を置く国際人権NGOヒューマンライツ・ナウ(HRN)は、リビアにおける深刻かつ組織的な人権侵害に重大な懸念を表明する。多くの信頼できる情報によれば、カダフィ大佐率いるリビア政権は、平和的な集会に参加した市民に対し、致死性のある武器を使用して、無差別攻撃・殺害を継続している。

国連の推計では、1000名もの市民がリビア現政権によって殺害されたとされ、多くの信頼できる報道・報告もこの推計を裏付けている。

HRNは、これらの重大な人権侵害を強く非難し、リビア現政権指導者に対し、人権侵害を即時中止するよう求める。

国連安全保障理事会はこの事態に対し、迅速な対応をとった。2月26日、安全保障理事会は、全会一致で決議を採択し、リビアに対する武器禁輸、トップリーダーに対する資金凍結・渡航禁止というターゲット制裁を決めるとともに、リビアに関する事態を国際刑事裁判所に付託した。

HRNは国際刑事裁判所に対し、安保理決議に基づき、人道に対する罪を含む国際犯罪に対する捜査をただちに開始するよう求める。人権理事会は、決議S-15/L1をコンセンサス採択し、そのなかには、リビアへの独立調査団派遣も呼びかけられている。悪化する情勢のなか、それぞれの任務を遂行するために、ICCの捜査および独立調査団による調査は、相互に協調・補完されるべきである。
HRNは、世界中の人権NGOとともに、国連総会決議(60/251国連人権理事会設置決議)に基づき、国連総会が、リビアの人権理事国としての資格を停止する総会決議をすみやかに採択するよう求める。

最後にHRNは、リビアに限らず、平和的なプロテストに直面したいかなる国家も、暴力その他の抑圧的手段を市民に用いることは許されないことを強調する。いかなる国家も、市民による集会、結社、表現の自由を尊重しなければならない。

【Statement on gross human rights violation in Libya】
Human Rights Now(HRN), a Tokyo based international human rights NGO
expresses grave concern on gross and systematic violations of human
rights in Libya.

Numerous credible sources report that Libyan  Government lead by
Colonel Muammar Al-Qadhafi continues indiscriminate and deadly attacks
and use of lethal weapons against peaceful protestors. According to
the UN, it is estimated more than 1000 civilian have been killed by
Libyan state authorities and many credible report supports the
estimation.

HRN strongly condemned these gross human rights violations and urge
top leaders of Libya immediately end these human rights violations.

HRN recognizes that the Security Council immediate responded to the

situation. On 26th February, the Council unanimously adopted the
resolution on  including armed embargo against Libya, targeted
sanction measure such as the freezing of financial asset and travel
ban against the top leaders in Libya, and the referral of the
situation in Libya to the International Criminal Court.

HRN requests ICC prosecutor to commence without delay its
investigation for the international crime, in particular crimes
against humanity in Libya.

The Human Rights Council also adopted the resolution S-15/L1, by consensus
without a vote, and  the resolution  calls to dispatch an independent,
international commission of inquiry to Libya to investigate all
alleged violations of international human rights law in the country.
The efforts to investigate the human rights violations shall be
concerted  and reinforced each other in order to discharge respective
mandates despite the deteriorating  situation.

HRN also requests, with human rights NGOs across the world, the
General Assembly to adopt a resolution suspending Libya's membership
rights in the Human Rights Council immediately in accordance with the
GA Resolution 60/251.

Lastly, HRN stresses that all governments which encounter peaceful
protest within their jurisdictions must prevent themselves from use of
violence and other repressive measure against civilians, and respect
freedom of expression, assembly and associations of civilians.

  

« 自国民に無差別攻撃! | トップページ | 少しだけ、京都を散歩 »

ヒューマンライツ・ナウ」カテゴリの記事

フォト

新著「人権は国境を越えて」

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブサイト

ウェブページ

静かな夜を

リスト

無料ブログはココログ