« 裁判員の死刑判断について | トップページ | ビルマ総選挙に対するアピール »

2010年11月 5日 (金)

許せない凶行

DV事件で被害者側の代理人をさせていた秋田県の津谷弁護士が刺殺された。なんということであろうか。言葉が出ない。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101104-00000023-maip-soci

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/murder/

横浜でも同種事件があり、弁護士が殺害されている。

同じような事件を扱う弁護士として、このような凶行は本当に許せない。女性に対する暴力も、女性の代理人に対する暴力も、特に殺害という究極の暴力は、絶対にあってはならないことだ。警察はこうした事態に適切に対応していたのか、疑問が残る。

こうした凶行が委縮効果を与え、女性の権利を守る法律家の活動ができなくなるとしたら、その効果は重大であり、本当に犯罪的である。

国には市民の人権を守る義務がある。警察によるこの種事案に対する対応がきちんと検証され、確立なければならないと思う。

津谷弁護士は、人権擁護や消費者問題に献身的な方だったと聞く。やりきれない。

心よりご冥福をお祈りしたい。

« 裁判員の死刑判断について | トップページ | ビルマ総選挙に対するアピール »

女性の生き方・女性の権利」カテゴリの記事

フォト

新著「人権は国境を越えて」

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ウェブサイト

ウェブページ

静かな夜を

リスト

無料ブログはココログ