« 英語の論文を執筆中 | トップページ | 後退?第三次男女共同参画基本計画 »

2010年10月29日 (金)

パレスチナ収穫祭

ハロウィンが大好きな私は、東京でハロウィンの大騒ぎがないのが、とても物足りない今日この頃。ハロウィンほど楽しいお祭りはないというのに。

そんななか、寒いけれど、今はパレスチナではオリーブの収穫の時期だそう。

「オリーブの樹法律事務所」をやっております、私にとっても関心のあるところです。今も人権状況が大変厳しいパレスチナ、そのことを考えていただくイベントが企画されています。

明日なので、ご案内します。

でも、なんだか明日は寒そう。お越しいただく場合、ぜひあったかくしていらしてくださいね。風邪などひかぬよう。

<転送・転載大歓迎>
------------------------------------------------------------
10.30 パレスチナ収穫祭
オリーブから考えるパレスチナ問題
------------------------------------------------------------

破壊される家、奪われ続ける農地、
それでも、オリーブを育てるパレスチナの人びと

【日 時】  10月30日(土) 13:30 ~ 18:30 (13:00開場)
        明治学院大学本館10階大会議室 (東京都港区白金台1-2-37)
        アクセス:http://www.meijigakuin.ac.jp/access/
【資料代】  一般800円 学生500円 (ワン・ドリンク付)
◎ 事前の予約は必要ありません。
◎ 第1部から第4部まであり。いずれの部からご参加いただいても結構です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
パレスチナでは長年にわたる軍事占領によって、数多くの検問所の設置、入植地と入植
者専用道路の建設、分離壁の建設、許可証システムによる移動の制限などがあり、村や
町ごとに分断され、生活が麻痺させられています。また、パレスチナ人の家や農地が奪わ
れて生活が破壊され続けています。こうした厳しい状況でも、多くの人びとが農業を続け未
来につなごうとしています。

日本のNGOは、日常的に起きているパレスチナでの人権侵害の現実をさまざまな形で世
界に伝え、パレスチナへの支援の輪を拡げ、国際的な圧力をかけようとしています。また
人びとの生活や教育、保健、農業などを支え、地域開発に関わっています。フェアトレード
という形でパレスチナとつながる企業も存在します。

パレスチナの収穫を祝い、現地の人びとと一緒に希望を作り出すために、こうした団体が
一堂に会するイベントです。

10月はパレスチナではオリーブの収穫時期。オリーブやワイン、そして映像を通して、パレ
スチナ人が直面しているさまざまな問題を考えてみませんか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【第一部】 13:40~14:10  紛争からの復興は・・・: 映像で見るガザ地区 
2008年12月27日から22日間、イスラエル軍による空爆と地上戦にさらされたガザ地区。封
鎖された状況が続くガザの状況や現地での活動を報告します。
報告:パレスチナ子どものキャンペーン/日本国際ボランティアセンター

【第二部】14:15~15:35  映画『The Iron Wall(鉄の壁)』上映&解説 
(監督:モハメッド・アルタル/2006年/60分/制作:パレスチナ農業復興委員会、平和と
民主主義のためのパレスチナ人)
イスラエルによるパレスチナ占領から43年。『The Iron Wall(鉄の壁)』は、占領下のパレス
チナ に建設されたイスラエル入植地、「分離壁」(The Iron Wall)の状況、そしてパレスチナ
の人びとや中東和平プロセスに与えた影響について、複数の平和活動家、有識者のイン
タビューを交えて描いたドキュメンタリー映画。
上映後、イスラエルによる入植政策と分離壁について解説があります。

【第三部】 15:50~17:00  映画『オリーブの木がある限り』上映&トーク・イベント  
映画『オリーブの木がある限り』(フランス/2007年/23分)
壁と経済封鎖にパレスチナ人の生活は苦しさを増している。そんな中でも農民はオリーブ
の木に「ここに生きている」という自らの存在を託し、一家総出の収穫作業に汗を流す。そ
の農民と協働するNGO「パレスチナ農業復興委員会(PARC)」と、国境を越えフェアトレード
でつながる様子を紹介する。
トーク・セッション:パレスチナ・オリーブを生産する人びととフェアトレードの取り組み
小林和夫さん(オルター・トレード・ジャパン)
宮澤由彦さん(セーブ・ザ・オリーブ)
皆川万葉さん(パレスチナ・オリーブ)

【第四部】17:30~18:30  パレスチナ収穫祭  
10月はパレスチナでオリーブが収穫される時期です。パレスチナ産のビール、ワイン、オ
リーブ、また映像と音楽に触れながら、パレスチナを語り合うパーティです。
・オルター・トレード・ジャパン、セーブ・ザ・オリーブ、パレスチナ・オリーブ各社がビール、
ワイン、オリーブなどを販売します。
・パレスチナ料理、ワイン、ビールは有料。その他スナック類は無料((マイコップ、マイ皿、
マイ箸持参大歓迎)。

◆お問い合わせ◆
アムネスティ・インターナショナル日本
東京都千代田区神田錦町2-2 共同ビル(新錦町)4F
Tel:03-3518-6777  Fax:03-3518-6778
http://www.amnesty.or.jp/    camp@amnesty.or.jp   

パレスチナ子どものキャンペーン
東京都豊島区目白3-4-5 アビタメジロ603
Tel:03-3953-1393 Fax:03-3953-1394
http://ccp-ngo.jp/   ccp@bd.mbn.or.jp

◆主催◆
社団法人アムネスティ・インターナショナル日本/特定非営利活動法人アーユス仏教国際
協力ネットワーク/特定非営利活動法人日本国際ボランティアセンター(JVC)/日本聖
公会東京教区「エルサレム教区協働委員会」/日本YWCA/特定非営利活動法人パレス
チナ子どものキャンペーン/パレスチナの子供の里親運動/ピースボート/特定非営利
活動法人ヒューマンライツ・ナウ/明治学院大学国際平和研究所(PRIME)


*****************************************************

« 英語の論文を執筆中 | トップページ | 後退?第三次男女共同参画基本計画 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

フォト

新著「人権は国境を越えて」

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブサイト

ウェブページ

静かな夜を

リスト

無料ブログはココログ