« タイに滞在中 | トップページ | そして東京へ »

2010年7月 3日 (土)

ビルマ女性国際法廷をビルマの皆さんに報告

引き続き、タイ・ビルマ国境のメーソットに滞在しています。今日は、ビルマ国際女性法廷について報告をする、ということで、学校に、各民主化団体や女性団体、少数民族の団体のリーダーさんたちが集まってくださり、皆さんに報告をさせていただき、様々なコメントをもらいました。みなさん大変喜んでくれたのが何より。今後ぜひアジアでももっと法廷を開いてほしい、と私からお願いしておきました。

女子学生からは「女性だけじゃなく、ビルマの男性もひどい目にあっている。特に男性の政治囚の扱いは本当にひどいので、ビルマの男性のためにも法廷を開いてほしい」という声があり、「それは本当に大事なこと。民衆法廷は自由な取り組みなんだから、ぜひやってみて」と話しました。

さて、今回、タイでは、滞在が短いので、朝から晩まで休みなく、私たちの未来の法律家支援のピースローアカデミーのプロジェクトの関係で忙しく過ごしています。

朝8時にメソットから車で学校へ。朝から晩まで4コマ通しで講義と学生の評価・フィードバック。そのあとは現地スタッフと予算・決算に関する細かい打ち合わせを神経をとがらせてやっています。そして講義準備とニーズ調査。

難民キャンプやUNHCR、医療クリニックとして有名な「メータオ・クリニック」、ひいては国境を訪問したりする時間がないのが残念です。

もうひとつ残念なのが、メーソットのおいしいお店を堪能できないこと。メーソットはイタリア料理、ビルマ、タイ料理、スイーツ、カフェなど、おいしいお店にあふれた、魅力的な場所なのですが、今回はなかなかどこにもよれず、やっと今日、お気に入りのビルマ料理「アイヤ」に行ってきたところです。

この「アイヤ」は、チェ・ゲバラとアウンサンスーチー氏が二人の英雄、という感じで二人の肖像がお店のモチーフになっていて、いい感じの音楽もあり、国連職員やNGOスタッフなどが集い、ちょっと異次元空間なのです。

しかし、学生たちは、約一年ぶりに会うけれど、ずいぶん知識を増えて、しっかりしたなあ、、とうれしく思います。三年前にあった学生は今や卒業して、民主化NGOの中心で活躍しているし。ビルマ関係はアドボカシーばかりやっていると行き詰ってしまうことも多々あるのですが、こうやって未来にむけて着実に種をまくというのは、とても手ごたえと希望のあることなのです。

« タイに滞在中 | トップページ | そして東京へ »

ビルマの人権状況」カテゴリの記事

フォト

新著「人権は国境を越えて」

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブサイト

ウェブページ

静かな夜を

リスト

無料ブログはココログ