« Dr. アルアリに再会 | トップページ | 「二足のわらじ」弁護士活動が好き。 »

2010年7月31日 (土)

スペインからのお便り

4月に訪れたスペインの死刑廃止キャンペーンの皆さんから7月中旬に連絡をもらった。

奥西勝死刑囚に関するキャンペーンが盛り上がっている、ということを報告してくれたもの。いろいろと写真を送ってくれた。

http://www.lne.es/gijon/2010/04/10/gijon-lado-oscuro-naciente/898418.html

http://www.flickr.com/photos/amnistiaasturias/sets/72157623846947494/

http://www.flickr.com/photos/amnistiaasturias/sets/72157623506242000/?page=2

本当に嬉しいことです。

名張は現在検察側が最高裁当時と全然違う主張を展開して、新しい鑑定などを請求、とんでもない状況で、裁判所には一日も早く再審開始を裁判所に決めてほしいところだ。

同時に「新政権で死刑廃止が進むことを期待しているわ」というメッセージが。スペインは死刑廃止のために本当に頑張っている国ですから。実はこのメール、忙しくて返信できないでいたところ、千葉大臣のもとで処刑が行われてしまった。このニュースは世界中の死刑廃止論者がすでに知って驚愕している。

死刑廃止論の法務大臣が処刑をするというのはきわめてアンリーズナブルで、世界のウォッチャーの理解を超えている。「どうして」という問いに応えられない事態なので、返信するのも気が重い

これは(スペイン語が読めないのでよくわからないけれど)私のインタビューが掲載されたスペインの報道記事だそうです。   

Entrevisita_kazuko_21

« Dr. アルアリに再会 | トップページ | 「二足のわらじ」弁護士活動が好き。 »

死刑・冤罪名張事件」カテゴリの記事

フォト

新著「人権は国境を越えて」

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ウェブサイト

ウェブページ

静かな夜を

リスト

無料ブログはココログ