« セックス・アンド・ザ・シティー2で元気に。 | トップページ | 「私たちは商品じゃない! 」7月23日トークイベント »

2010年7月13日 (火)

残念なこと。

 与野党がまたねじれになってしまった国会。

 「消費税」など、民主党が思いつきに近い発言で暴走しそうでかなり怖かったので、有権者が慎重な国会運営を求めた結果かもしれず、わからないわけではありません。消費税については民意をしかと受けとめることが大切だと思います。

 しかし、数でなく質をみると、千葉景子法務大臣、犬塚議員、友人の道あゆみさん、その他民主党の方やほかの党の方々も含め、リベラルで国内外の人権問題に取り組んできていた、そして今後取り組んでくれそうな人たちが、あらら、という感じで軒並み落選してしまっていて、残念です。人権についてきちんとした志と理念を持った当選者が何人いるのか、心もとない限りです。

 人権に限らず、なんというか論戦力も見識もいまひとつという印象を受けるのは私だけでしょうか。。。

 これまで、取り調べの可視化など民主党がマニフェストどうり、改革に着手しないことには、私としても厳しい視線を送ってきたわけですが、今後は力を得た野党にも責任があるわけで、こちらにも視線を向けていきたいと思います。

 例えば 「アジェンダ」というのを読む限り、「みんなの党」には人権政策はなさそうに見えますが、公党として経済だけでなく、そろそろきちんと人権に関する政策をつくるべきでは、と思います。今の段階では態度がよくわからないですね。

 議席は責任を伴うもの。各党の動向を注目していきましょう。

« セックス・アンド・ザ・シティー2で元気に。 | トップページ | 「私たちは商品じゃない! 」7月23日トークイベント »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

フォト

新著「人権は国境を越えて」

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ウェブサイト

ウェブページ

静かな夜を

リスト

無料ブログはココログ