« デリーより | トップページ | NHKアジアクロスロードで »

2010年6月 6日 (日)

東京に戻りました。

インドでの児童労働の調査(ヒューマンライツ・ナウのプロジェクト)を終えて今日帰国しました。

人身売買でネパールやバングラデシュから連れてこられた10歳以下、15歳以下、という子どもたちが炭鉱の地下で酷使されてどんどん死んでいき、あまりにも最悪の形態の奴隷労働でしたので、私自身大変驚き、愕然としました。

詳細は、今回協力いただいたジャーナリストの豊田直巳さんの写真とともに、これから公開・報告させていただきます。今後様々なアクションを進めていく予定です。

前回、インドで入院、という事態になりましたが、今回はいたって元気です。

ところで、ネットも電話もしばらくつながらなかったので、宇宙飛行士の方ではないですが、「帰国したら総理大臣が変わっていた」に近い感じです。

一週間足らずで国のトップを変えてしまう、という事態に、とにかく激しく驚きました。

市民運動出身の菅さんに期待しないわけではありませんが、これで普天間の問題の幕引きでよいのか、政治とカネの問題の幕引きでよいのか、特に洪水のような報道の影響を受けなかった者としては、今のところ、「結局まったく何も解決していないじゃないか」という感想です。

« デリーより | トップページ | NHKアジアクロスロードで »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

フォト

新著「人権は国境を越えて」

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ウェブサイト

ウェブページ

静かな夜を

リスト

無料ブログはココログ