« EU議長国と会合-冤罪名張事件 | トップページ | 表現の自由について重要な判決 »

2010年3月29日 (月)

花冷えの現地調査

土日は、名張事件の現地調査に。

名張事件は昨日で事件発生から実に49年が経過した。その間、一審無罪判決を受け、再審開始決定も出されたのに、いまだに奥西さんは釈放されない、本当に異常な事態である。

今年は最高裁がいよいよ大詰めということで、約150人が全国から集まられ、メディアも東海のみならず東京からも駆け付けていた。

桜が少しほころびかけ、菜の花が咲いていて、いつの間にか春が近づきつつあるのを感じたが(東京で仕事ばかりしているとわからないが)、とても寒い。

春まではまだもう少しありそうだ、と思う。

スペインには4月5日に出発するけれど、その前にできれば満開の桜を見たいと思う。

« EU議長国と会合-冤罪名張事件 | トップページ | 表現の自由について重要な判決 »

死刑・冤罪名張事件」カテゴリの記事

フォト

新著「人権は国境を越えて」

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブサイト

ウェブページ

静かな夜を

リスト

無料ブログはココログ