« 重症、メールが届かない病 | トップページ | ガザから一年 2月9日にNGO院内集会 »

2010年2月 6日 (土)

伊藤千尋さんと広河隆一さん

先日朝日新聞記者伊藤千尋さんとお食事へ。例によって、千尋ファンの女性陣と一緒である。千尋さんはなんといっても頭の回転が速く、明るく、行動も早い。話題も豊富で、気持ちがよい。

それで、どんどん話題に上った人にその場で電話をかける。これには驚きました。まず、カンボジア(目下、私の懸念事項)に電話をかけてしまった。

次にデイズ・ジャパンのお話になり、「森住卓さんや豊田直巳さんとは気軽にお話ができるけれど、広河さんはおあいしたことがなく、、」と恐れいっている私をしりめに、広河さんに電話をかけてしまう。そして私に代わる、という。心臓が止まりそうになる。

岩波新書「パレスチナ」そして映画「ナクバ」の広河隆一さんである。

http://www.hiropress.net/profile/index.html

憧れというか、畏敬の念というところ。最敬礼です。どうしたらいいのか---ところが、大変優しくお話をしていただき、感激してしまう。今はヘブライ語の本を自ら翻訳されて忙しいけれど、2月中旬になったらあってくださるとのこと。なんということでしょうか。

思わず「お話できて光栄です」と口をついて出てしまった。

そんなサービス精神旺盛の千尋さんの話題は、その後ラテンアメリカになり、コスタリカ、キューバ、エルサルバドル、ベネズエラ、チリ、ペルー、アルゼンチンをさまよい、夜は更けていったのです。

« 重症、メールが届かない病 | トップページ | ガザから一年 2月9日にNGO院内集会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

フォト

新著「人権は国境を越えて」

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブサイト

ウェブページ

静かな夜を

リスト

無料ブログはココログ