« 今日はこれから | トップページ | 道あゆみさんが参議院選挙に »

2010年2月14日 (日)

杉山さんに励まされる

今日は名張事件の支援者の方々の勉強会で、講演をしました。

現在最高裁に係属している名張事件は、検察側の答弁書に対して、弁護側が反論をしたのですが、それでは終わりそうもなく、予断を許さない重要な状況にあり、そのことなどをお話しました。どうみても、検察の言っていることがいかにおかしいか、書面を読めば、もう明らかだと思うので、早く最高裁に英断を下してほしいところです(取材にきたメディアの人もこれ以上引き延ばすのはひどい、信じられないと言ってくれました)。

ところで、再審開始決定が最高裁で確定した冤罪の布川事件の当事者・杉山さんが、足利事件の菅家さんと一緒に参加してくれて、とても面白いトークを炸裂させてくれたのですが、

杉山さんはいつも、「自分の決定の前に、伊藤先生(私のこと)にあってすごい運とパワーをもらった、その直後にいい決定をもらったので、伊藤先生にあうのは縁起がいい」と言っていて、最高裁の決定の前にも「先生とあえた、縁起がいい」などと言っていました。

お世辞かしら、と思っていましたが、いつもおっしゃるので、だんだん「ほんとかな」と思うようになりました。

その杉山さんが今日は講演後に私のところにきてくれて、「今度は自分の運とパワーを伊藤先生にわけて名張事件を勝たせる番だ」と言ってくれました。その気持ちが嬉しくて、うん、なんだか励まされました。

みなさま、ご支援をよろしくお願いします。

« 今日はこれから | トップページ | 道あゆみさんが参議院選挙に »

死刑・冤罪名張事件」カテゴリの記事

フォト

新著「人権は国境を越えて」

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブサイト

ウェブページ

静かな夜を

リスト

無料ブログはココログ