« 事件& 事件 | トップページ | 派遣法改正、なるか。 »

2009年12月20日 (日)

めずらしい音楽にいやされる

12月18日のヒューマンライツ・ナウのチャリティ・ライブ、よかったですよお(自画自賛)。

寺原さん、徳久さん、そして大日方さん、普段聞けない民族音楽やメローな音楽などが聞けてなんだか、私自身、はからずも、とてもいやされてしまったのです。

なんでしょうね、素晴らしいんです。奥が深くて。はまってしまいそう。

日本の文化、芸術は最近劣化している、と思う私ですが、音楽は新しいクリエイターがどんどん進歩している、そして深くなっている、というのが偽らざる感想で、こんな音楽にお目にかかれるとは幸せです。

このライブの様子、音楽家のフクヤマさんがヒューマンライツ・ナウのウェブに生中継を出してくれて、流してました。

http://hrn.or.jp/activity/event/1217human-rights-cafechristmas-special-live/

今はもう違う??な映像が出てしまうので、おもしろいところですが、フクヤマさんがFacebookで紹介してくれたので、いろんな人たちがウェブ生中継をみてくれたらしい。

これからも、ちょっと新しく、メディア露出がそれほど多くない、時代の最先端の掘り出し物の音楽を提供するようなチャリティ・ライブ、そして世界のことに思いをはせる気持ちになるライブを、サポーターの音楽家の方々とつくっていきたいなあ、と思いました。

寺原さん、徳久さん、そして大日方さん、フクヤマさん、ありがとう!!

« 事件& 事件 | トップページ | 派遣法改正、なるか。 »

ヒューマンライツ・ナウ」カテゴリの記事

フォト

新著「人権は国境を越えて」

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブサイト

ウェブページ

静かな夜を

リスト

無料ブログはココログ