« 「未知との遭遇」 新政権 | トップページ | ジュネーブ国連人権理事会にて »

2009年9月21日 (月)

法務大臣に期待

千葉景子法務大臣の会見。

私はリアルタイムで見られていませんけれど、とても受け答えに好感を持ちました。

法務大臣が、人権尊重、というとてもまっとうなことを言ってくれる、そして議論しながらそれを具体化しようとしている、そんなことに日本もなるのだ、というのが嬉しいです。

死刑についても、これからの国民的議論をどうつくっていくのか、に期待したいと思います。

(9/16)千葉景子法相、死刑執行のサイン「職責踏まえて慎重に考える」

【冒頭発言】

 このたび法相を拝命した千葉景子です。このたびの新しい政権は多くの国民の皆さんがつくられた政権だろうと思っている。それに込められた国民の皆さんの思いをしっかりと法相という立場で実現をさせていただきたい思いだ。

 具体的に言うと、やはり国民の皆さんと約束をしたマニフェスト(政権公約)を1つずつしっかりと実現していくことに尽きるのではないかと思っている。特に首相からは、国民に身近な充実した司法の確立、そして人権が尊重される、安心して暮らせる社会、こういう大きな理念のもとにマニフェストの具体化を、という指示を頂いた。その実現に向けて取り組んでいきたい。

 1つは人権侵害救済機関の設置の問題だ。これは国際的にみても当たり前の機関ということにもなっている。ぜひ、これの実現に向けて早急に取り組んでいきたい。ただ、これは常々私も考えてきたが、内閣府の外局に設置をするということを考えているので、いずれ設置法の改正や内閣府との協議等々も含めて進めていきたいと思う。

 個人通報制度を含めた選択議定書の批准も進めていきたい課題だ。人権条約、あるいは女子差別撤廃条約に選択議定書、個人通報制度が盛り込まれている。これはいろいろな司法との関連等々が指摘されているが、これも国際的な基準に基づいて、ぜひ、国際的にも日本がたいへん積極的だという発信をしていけたらと思う。条約なので、外相と様々な連携を図り実現に向けていきたい。

 これまでマニフェストでたいへん大きなテーマになっている取り調べの可視化についても、マニフェストの実現ということできちんと進めていく。ぜひ、皆さんにご理解をいただきたい。その他のさまざまな諸課題があるが、マニフェストで約束したことを早急に取り組んでいくのがまず最優先課題だろうと思うので、そこからさまざまな課題を1つ1つ取り組みを進めていきたい。

【質疑応答】

 ――法相は死刑廃止議連のメンバーか。死刑執行の命令書にサインするか。

 「私は議連のメンバーだ。死刑の問題はやはり人の命ということになるので慎重に取り扱っていきたいと思う。法相という職責を踏まえながら、慎重に考えていきたい。ただ、死刑の存置、廃止等については議論がある。それに代わる終身刑導入はどうかという議論もある。そういう意味では、裁判員制度も導入され多くの皆さんが死刑という問題にたいへん深い関心と、いろいろな意味での思いを抱いていると思うので、ぜひこれはできれば広い国民的な議論を踏まえて、これから私たちが行く道を見いだしていきたい」

 ――冤罪(えんざい)の可能性が全くなければやむを得ないか。

 「慎重に考えていく」

 ――小沢一郎幹事長の秘書が絡む西松献金事件の捜査や鳩山由紀夫首相の「故人献金」問題にどう対応していくか。

 「これは特別なことではない。適正な判断をしていきたい」

 ――指揮権の発動についてはどのような見解を持っているか。

 「検察というのも行政の1つだから、それに対して法相が一般的に指揮権を持っているということは認識している。ただ、個別の事件についてどのような権限があるかと言えば、1つは恣意(しい)的な、党派的なそういうものを排除する(権限だ)。しかし、国民の視点に立って検察の暴走をチェックするという点からきちんと指揮権というのを踏まえて対処していくべきだと考えている」

« 「未知との遭遇」 新政権 | トップページ | ジュネーブ国連人権理事会にて »

法律」カテゴリの記事

フォト

新著「人権は国境を越えて」

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ウェブサイト

ウェブページ

静かな夜を

リスト

無料ブログはココログ