« インテレクチュアル | トップページ | とても素晴らしい体験 その1 »

2009年8月 8日 (土)

まるで時がとまったような。。

タイ・ビルマ国境のメイソットにきています。

メイソットの市内からまたさらに離れたところに

滞在しています。

ここはまるで時間がとまったよう。時間がゆっくりと

過ぎていきます、、、

雨がふって、やんで、風がふいて、木々がざわめき、虫たちが鳴いて、、

それだけ。とても心地よいのです。

地球にはこんな生き方もあるのだ、、、としばし感動。

こんなにのんびりとするのはとても久し振りで、コマーシャル・リゾート

に行ってもこんな開放感は味わえないと思います(リゾートは、今日はどこへいこうか

何をしようか、何を食べようなと忙しく心が休まりません)

といっても世界から無縁ではありません。ここで私は、

ビルマ難民や移民の若者たち(彼らの多くは将来ビルマに戻って民主化運動に参加する

ようです)法律と人権を教える学校で、法律と人権のトレーニングをしているのです。

彼らの人権は、ビルマでは徹底的に踏みにじられていて、それをなんとか変えるために、

いろんな試みがこのメイソットでは行われています。

« インテレクチュアル | トップページ | とても素晴らしい体験 その1 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

フォト

新著「人権は国境を越えて」

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブサイト

ウェブページ

静かな夜を

リスト

無料ブログはココログ