« DNA鑑定に関する昨日の米連邦最高裁判例 | トップページ | 1Q84を読みながら »

2009年6月21日 (日)

パレスチナ西岸調査のご報告

 5月にパレスチナにいってきました。

 現地ではあまりにも人権侵害がひどく、深く、

ショッキングなことが多くて、なかなか心の整理ができずに

報告会が遅くなっておりました。

 このたび、東京大学と日本国際ボランティアセンターさんと

ご一緒に、以下のような企画を開催し、ご報告をさせて

いただくことになりました。

 朝日新聞グローブの副編集長、石合さんにもご参加・コメント

いただきます。

 これから、現地で撮影した写真などをもとに、ひとつひとつ

整理をしていきたいと思います。また、法律的な問題の分析も。

 

 大阪でも7月19日に報告会を開催します。こちらは土井

敏邦さん、清末愛砂さんとご一緒です。またご案内しますね。

 よろしかったらぜひご参加ください。

■ □ ■ □ ■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔第三回HSPFMCセミナー〕

         人権の視点から見たパレスチナ

       ~西岸・ガザからの現地報告と和平の行方~

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■ □ ■ □ ■

「見えない占領」と「壁」に分断されるパレスチナ。

そこで日常的・恒常的に行われている人権侵害を私達はどう受け止め、

どのように考えるべきなのでしょうか。

西岸地区・ガザ地区の現地を歩き、見、聞いてきた生の情報を

お届けすると共に、

取材や調査、NGO活動を通じて現地情勢に精通する三人が

各自の専門的視点から、この問題の枠組みを明らかにすることを試みます。

難民の生活状況の改善、そして和平を進めるためには何が必要なのか。

「人権」という視点から、いま改めてパレスチナを見つめてみませんか。

●スピーカー/

    伊藤和子(ヒューマンライツ・ナウ事務局長/弁護士)

    藤屋リカ(JVC日本国際ボランティアセンターパレスチナ事業担当)

    石合力 (朝日新聞東京本社・GLOBE副編集長)

    

●日時/ 710日(金)19002100

●会場/ 東京大学駒場キャンパス 18号館4階コラボレーションルーム3

     (京王井の頭線・駒場東大前)

http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/map02_02_j.html

●参加/ 入場無料・事前予約不要

●共催/ 東京大学「人間の安全保障プログラム」・()法学館共同研究プロジェクト

    (特活)JVC日本国際ボランティアセンター

    (特活)ヒューマンライツ・ナウ

●内容/

 *西岸地区の人権状況 ~HRN現地調査報告~

 伊藤和子(ヒューマンライツ・ナウ事務局長)

 *ガザからの声 ~JVC現地報告~

 藤屋リカ(JVC日本国際ボランティアセンター パレスチナ事業担当)

 *中東和平の妨げと今後の行方

 石合力 (朝日新聞東京本社・GLOBE副編集長)

 

 *フリーディスカッション

●スピーカー紹介

  伊藤和子(ヒューマンライツ・ナウ事務局長/弁護士)

早稲田大法学部卒。1994年弁護士登録。

弁護士として、女性・子どもの権利、子どもの商業的性的搾取禁止、

冤罪事件、公害事件などに取り組み、裁判員制度、刑事裁判のあり方などについて問題提起。

2004年ニューヨーク大学ロースクール客員研究員。

2005年ジュネーブ人権小委員会インターン

2006年、日本発の国際人権NGO「ヒューマンライツ・ナウ」を設立、事務局長に就任。

  藤屋リカ(JVC日本国際ボランティアセンター パレスチナ事業担当)

保健師、看護師。1990年から広島で保健師として勤務、

1995年から7年間日本のNGOの派遣員として

パレスチナでの母子保健プロジェクトに携わる。

2002年大学院在学中(国際保健学専攻)に、

JVCの派遣でパレスチナ西岸自治区での緊急人道支援に参加。

20044月より現職。

  石合力 (朝日新聞東京本社・GLOBE副編集長)

中東・アフリカ(カイロ)、ワシントン特派員としてパレスチナ紛争、

イラク、シリアなどを現地取材。2000年秋の第2次インティファーダ、

クリントン、ブッシュ両政権の米中東外交などを担当した。

外務省担当キャップ、外交国際グループ次長などを経て、現在はGLOBE副編集長。

※本セミナーはHSPFMCセミナーの第三回目として開催されます。

HSPFMCセミナーは、東京大学「人間の安全保障」プログラム(HSP)と

()法学館との共同研究「研究と実践をつなぐ難民・移民に関するデータ・ベースの開発」

の一環として行われる公開セミナーシリーズです。

どなたでもご参加いただけますのでお誘いあわせの上、お気軽にお越し下さい。

=======================

       ◇お問い合わせ先◇

東京大学「人間の安全保障」プログラム

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

(特活)JVC日本国際ボランティアセンター

E-mailtsudaka@ngo-jvc.net(担当:津高政志

(特活)ヒューマンライツ・ナウ

E-mailinfo@ngo-hrn.org(担当:浅井美絵)

=======================

--------------------------------------

Power up the Internet with Yahoo! Toolbar.

http://pr.mail.yahoo.co.jp/toolbar/

« DNA鑑定に関する昨日の米連邦最高裁判例 | トップページ | 1Q84を読みながら »

パレスチナ」カテゴリの記事

フォト

新著「人権は国境を越えて」

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ウェブサイト

ウェブページ

静かな夜を

リスト

無料ブログはココログ