« 裁判員制度がはじまる。 | トップページ | アウンサンスーチーさんたちすべての政治犯の釈放を グローバル署名 »

2009年5月22日 (金)

高遠菜穂子さんほか、緊急イラク報告会

--------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------

  ★ ★ ★ 緊急イラク帰国報告会 ★ ★ ★

 ~「隠された虐殺」から5年後のファルージャ、

     「知られざる虐殺」のラマディをたずねて~

--------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------

 写真家の森住卓、ジャーナリスト志葉玲、イラク支援

 ボランティアの高遠菜穂子が5年ぶりにイラクを訪れた。

 2003年以降、”スンニ三角地帯””最激戦地”

 ”アルカイダの拠点”とされた西部アンバール州は、

 ファルージャ、カイム、ハディーサ、ラマディと

 米軍による大量殺戮がくり返された悲劇の地。

 掃討作戦による民間人死者数は数万ともいわれるが、

 日常的に狙撃された市民の数は想像をはるかに越えていた。

 高遠菜穂子が隣国ヨルダンに通いながら5年間に完了した

 プロジェクトの軌跡を辿りながら、森住卓と志葉玲が

 破壊の爪痕と変わりつつある町を写真と映像でとらえた。

●日 時:2009522日(金)

     開場1800/スタート18:30

●場 所:明治大学リバティタワー1階 1011教室

 <明治大学駿河台キャンパス> 東京都千代田区神田駿河台1-1

 JR中央線・総武線、東京メトロ丸ノ内線/御茶ノ水駅 下車徒歩3

 東京メトロ千代田線/新御茶ノ水駅 下車徒歩5分 

 都営地下鉄三田線・新宿線、東京メトロ半蔵門線/神保町駅 下車徒歩5

●資料代:500

●共 催:イラクホープネットワーク/現代史研究会

« 裁判員制度がはじまる。 | トップページ | アウンサンスーチーさんたちすべての政治犯の釈放を グローバル署名 »

世界の人権」カテゴリの記事

フォト

新著「人権は国境を越えて」

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブサイト

ウェブページ

静かな夜を

リスト

無料ブログはココログ