« 勝手に始めて、一方的停戦? | トップページ | 画期的。 オバマ政権が秘密収容所の閉鎖を命令 »

2009年1月20日 (火)

オバマ新政権への要望--米国そして世界におけると人権と正義の回復に期待して-

1月20日に、バラク・オバマ氏が米国大統領に就任するにあたって、

NGOヒューマンライツ・ナウは、 米国の人権政策の抜本的転換を求めて、

以下の声明を発表しました。 

この声明は、米国大使館に送付し、ホワイトハウスへの送付を依頼

しています。 

日本語・英語をご紹介いたますので、ご参照、ご活用ください。 

(特定非営利活動法人)

ヒューマンライツ・ナウ事務局長 弁護士 伊藤和子 

(転送可) 

オバマ新政権の誕生にあたり、 

日本の人権NGOから要望すること 

--米国そして世界におけると人権と正義の回復に期待して-

           ヒューマンライツ・ナウ 

2009120日、第44代アメリカ大統領として、バラック・オバマが就任する。 

東京を拠点とする国際人権NGOヒューマンライツ・ナウ(HRN)は、オバマ新政権が8年に及ぶブッシュ政権の「対テロ戦争」名下の人権侵害政策から 明 確に脱却し、世界において平和、基本的人権の尊重などの価値を実現する立場に立つことを期待する。 

ブッシュ政権下では、対テロ戦争の名の下、重大な国際人権・人道法違反が行われ、これら人権侵害行為が処罰されないまま放置されてきた。

オバマ新政権 は これらの人権侵害を免罪することなく、責任の所在を明らかにし、正義の実現を図っていくよう要請する。 

1       グアンタナモ基地の速やかな閉鎖を 

グアンタナモ基地収容所では、「テロリスト容疑者」に対する過酷な拷問、虐待を使用した拷問が広く行われ、無期限拘禁、裁判を受ける権利の否定など、 人権侵害の温床となってきた。 

HRNは、オバマ次期大統領がこのグアンタナモ基地収容所の閉鎖方針を打ち出し、

政権下では拷問を行わないと表明したことを歓迎する。

新政権は、この 公 約を守り、新政権の最初の重要課題として取り組むべきである。

速やかに閉鎖のタイムスケジュールを策定し、これを公表するよう要請する。 

 閉鎖に際し、被収容者のうち、米国法上の犯罪の容疑が証拠上明らかな事案については、連邦裁判所に訴追し、適正手続・公正な裁判を受ける権利を保障 すべきであり、それ以外の者はただちに釈放されるべきである。

拷問禁止条約の締約国として、帰国後に迫害・拷問が予測される母国への送還を

強制的に行うことは厳に行わないよう要請する。 

2       すべての秘密収容所の閉鎖を 

米国が、グアンタナモ収容所以外にも世界中に秘密収容所を置いていることはすでに明らかになっている。新政権は、全ての秘密収容所の所在と被収容者の身元、収容状況を公開すべきであり、これら施設についても、ただちに閉鎖すべきである。そして、これら施設においても、容疑の明白でない者は即刻釈放しなければならない。 

3       対テロ戦争下での人権侵害のすべての責任追及を 

9.11テロ事件以後、米国は国際人権・人道法に対する重大な違反行為を行ってきた。 

イラク、アフガニスタンでは、多くの罪のない市民の人命が犠牲になっている。

2003年のイラク侵略後、幾多の民間人、民間施設が攻撃され、劣化ウラン 

弾、白燐弾などの残虐兵器が使用され、そのいくつかは明らかに戦争犯罪を構成する。

国際連合イラク支援ミッション(UNAMI)の200710月発 表 の報告書は

「多国籍軍による不法な殺害についての信頼できる申立てをすべて、徹底的に迅速かつ公平に調査しなくてはならない。過度のあるいは無差別の 武 力を用いたと認められる隊員に、適切な処分を下すべきである」と明言し、多国籍軍による民間人殺害を告発しているが、何らの訴追もされていない。 

グアンタナモ、アブ・グレイブ、そして世界の秘密収容所における拷問は

ジュネーブ条約に明らかに違反する戦争犯罪である。

昨年12月、米上院軍事委 員 会が発表した報告書は、被収容者に対する拷問・虐待は、末端の兵士の服務規律違反ではなく、ラムズフェルド元国防長官ほか軍上層部によって推進された ものだと結論づけている。 

こうした前政権中枢の戦争犯罪行為の責任は追及されなければならない。 

新政権は、対テロ戦争に関連してなされた全ての戦争犯罪について、独立した調査委員会を設置し、真相と責任の所在を明らかにし、戦争犯罪に関与した高 官 を訴追し、被害者に謝罪・補償すべきである。 

そして、対テロ戦争のもとで人権侵害を再発させないための再発防止策を策定し、

周知徹底することを提案する。

HRNは、新政権下での軍事作戦の拡大が 明言されているアフガニスタンにおいて、

とりわけ重大な懸念を表明する。 

4       国際刑事裁判所への加盟を 

また、我々は、オバマ新政権が国際刑事裁判所(ICC)へ加盟することを要請する。

国際刑事裁判所は、深刻な人権侵害を伴う犯罪について個人の刑事責任 追及するために創設された史上初の常設の刑事裁判所であり、国際社会に正義の実現と法の支配を定着させるために必要不可欠な機関である。現在では、世 界 で108カ国が参加している。 

米国が加入することは、戦争犯罪を行わないという最大の証である。さらに進んで、国際社会で最も重大な犯罪が地域・国籍等を問わず真に公正に裁かれる現実をつくりだすことでICCの普遍的正統性を確立することに米国が貢献することを期待する。 

5       安全保障理事会における対応 

オバマ新政権は、重大な人権侵害、侵略行為がある場合、国際社会が平和と安定、

人権の回復のために一致した行動をとるにあたって、障害とならないよう 要請する。   

とりわけ、イスラエルのパレスティナに対する軍事行動などへの国連安保理決議に対し、米国はしばしば拒否権を発動するなど消極的な態度を取ってきた。

その結果、戦争犯罪・人権侵害が一層深刻なものとなる例も少なくない。

新政権には、正義に反する拒否権の発動を差し控えるよう要請する。 

最後に 

この8年間、ブッシュ政権は、対テロ戦争の名の下に、世界を「善か」「悪か」に

切り分け、国際社会を分断した。 

特に、欧米とイスラム諸国との相互不信は深刻なものであると言わなくてはならない。

HRNは、アフリカ系アメリカ人として初の大統領となるオバマ新大統領に、

正義と公正の実現を求めるとともに、分断された国際社会を寛容で全ての人が差別なく尊重される世界へと再構築していく役割を果たすことを期待する。 

                             以上 

Our request and hope for the new Barack Obama administration

related to human rights and justice 

On January 20th 2009, Mr. Barack Obama will be

inaugurated as the 44th President of the United States.

Human Rights Now(HRN), a Tokyo based international human

rights NGO hopes the new administration will put an end to

the regrettable human rights policy conducted in the name

of the War on Terror during the eight-year Bush

administration and will restore peace and fundamental

human rights in the world.

Under the Bush administration, serious violations of

international human rights and humanitarian law were left

without accountability.

HRN asks the new administration to fight against impunity

and restore justice and accountability for those violations.

Immediate Closure of Guantanamo Detention Camp

The Detention Camp has been infamous for its role as a

base for US human rights violations such as extensive

torture and abuse against terrorist suspects in the

course of interrogation, indefinite

detention and violation of the right to fair trial.

HRN welcomes that Mr. Obama announced that his

administration will soon close Guantanamo Detention

Camp and never torture people.

The New administration should keep Obamas promise

to close the Camp as one of its first actions in office

and announce details of the schedule and a fixed date

for the closure.

In cases where reasonable grounds for guilt based on

evidence have been established, the suspect should be

entitled to a fair trial before a federal court.

Otherwise, all detainees should be immediately

released. As a signatory to the Convention against Torture,

the new US government must not to forcibly repatriate

detainees to their home countries, many of which are known

for their human rights abuses.

Immediate Closure of All other Secret Detention Centres

Besides Guantanamo Bay, it has become evident that the

United States is also maintaining other secret detention

centres throughout the world.

Concerning these centres, the new government should

provide clear information on the location and the

identities of the detainees, as well as the circumstances

of their detention.

We ask for immediate closure of all those centres and

immediate release of those prisoners whose guilt is not

beyond any doubt.

Accountability for Human Rights Violations in the

Course of the War on Terror 

Following the 9/11 terrorist attacks, the United States

engaged in serious violations of international human

rights and humanitarian law.

Since 9/11, in the name of the War on Terror, innocent

civilians have been killed in Afghanistan and Iraq.

Following the invasion of Iraq in 2003, the US attacked

civilian- and non-military targets, used inhumane weapons

such as depleted uranium and white-phosphorus bullets,

at least some of which comprise war crimes.

The UN Assistance Mission for Iraq (UNAMI), in a October

2007 report, urged all credible allegations of unlawful

killings by MNF forces [to] be thoroughly, promptly and

impartially investigated, and appropriate action [to] be taken

against military personnel found to have used excessive or

indiscriminate force,

However, no measures have taken place.

Torture and indefinite detention of terrorism suspects in

Guatanamo Bay and at other disclosed and undisclosed

locations worldwide constitute serious violation of Geneva

Convention.

In December last year (2008), the US Senate Armed

Services Committee published a report

that makes clear that the torture and inhumane treatment

of prisoners was not a breach of discipline or law by some

soldiers, but promoted by then-Defence Minister Donald

Rumsfeld and his deputies.

Top officials who are responsible for grave breach of Geneva

Convention must be investigated and prosecuted.

HRN urge the new Obama administration to establish an

independent investigation panel for the cases in connection

with all war crimes connected to the War on Terror

in order to carry out a serious investigation of violations

committed, to identify those responsible,

to prosecute all those high officials involved in the violations

and ensure apology and adequate compensation to the

victims.

Additionally, HRN requests the new administration to

Establish concrete measures to prevent the recurrence

of human rights violations and implement it. 

HRN is especially concerned about the situation in

Afghanistan,

in which Mr. Obama announced his will to extend

military operations.

Participation in the International Criminal Court

Further, HRN would like to express a strong plea

towards the Obama government to join the ICC.

The International Criminal Court is the first permanent

international court in history to be established in order to

prosecute individuals for grave human rights abuses, and

stands as an indispensable organization to fairly carry out

and assure international law in accordance with the

international communitys wishes.

At present, 108 countries worldwide are members

of the ICC.

The joining of the United States would send the biggest

signal against war crimes. ICC can establish universal

legitimacy by carrying out fair and impartial justice on

all grave violations of human rights disregarding geographical

or national factors.  By joining ICC, The US

can contribute to enhance legitimacy of ICC.

Concerning the Security Council

Wherever there occur grave human rights violations or in

the case of an invasion, the new administration should not be

a barrier to the UN effort toward restoring peace, security

and human rights. The US has long history of using its veto

power in Security Council decisions against its allies, most

extensively concerning the Israel-Palestine

issue. This sometimes encourages further human rights

violations and war crimes. We ask the new administration to

refrain from the abusive use of veto power in the future.

**************************************************************************

In these eight years of the Bush administration, the

War on Terror divided the world and the international

community into areas of good and evil. 

The distrust between the West and Islamic countries is

quite serious.

Human Rights Now hopes the first African-American

President, Mr. Barack Obama, will play a meaningful role to

build a united international society which embraces tolerance

and respect for the principle of equal rights of peoples

in the world while pursuing justice and fairness globally.

« 勝手に始めて、一方的停戦? | トップページ | 画期的。 オバマ政権が秘密収容所の閉鎖を命令 »

オバマ&アメリカ」カテゴリの記事

フォト

新著「人権は国境を越えて」

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ウェブサイト

ウェブページ

静かな夜を

リスト

無料ブログはココログ