« 名張事件 「自白は虚偽」弁護団が意見書 | トップページ | オバマは公約を忘れようとしている? »

2008年12月 6日 (土)

イラク戦争シンポジウム

私のオフィスのビルでご一緒している、ご近所さんの、NGO・日本国際ボランティアセンターの代表の谷山さんから、以下のご案内をもらいました。よかったらぜひのぞいてみてください。

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
      JVC中東フォーラム・シンポジウム 127日(日)

         「イラク戦争は何をもたらしたのか」                  
           ~自衛隊の撤退を機に考える~
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

 日本政府は今年12月末までに航空自衛隊のイラクでの活動を終了することを表
明しました。国際貢献の名のもとに派遣された自衛隊は陸自、空自ともにイラク
でのすべての活動を終えることになります。
 「大量破壊兵器の保有」や「フセインとアルカイダとの協力」を理由に始まっ
た戦争とその後の混乱は、15万人以上のイラクの人々の命を奪い、暮らしそのも
のを破壊しつくしました。いったいこの戦争と混乱はイラクの人々に何をもたら
したのか、自衛隊はイラクでどのような「貢献」をしたのか、その検証がいま求
められています。

 イラクでの支援活動と日本の市民運動をつなぎ、イラクの「終らない戦争」に
向き合うシンポジウムを開催します。


第1部───
【報告】イラク戦争とその・u梃繧フ混乱は、イラクの人々に何をもたらしたのか
 ■原 文次郎(JVCイラク事業ヨルダン駐在員)+イラク人からのメッセージ
               ・・・ネット中継または電話
■吉岡 一 氏 朝日新聞 外報部 元中東アフリカ総局(カイロ)特派員
      『イラク崩壊―米軍占領下、15万人の命はなぜ奪われたのか』著者
 ■佐藤 真紀氏 日本イラク医療支援ネットワーク(JIM-NET)事務局長

第2部───
【報告】私たちは自衛隊イラク派兵にどう向き合ってきたか
 ■佐藤 博文氏 自衛隊イラク派兵差止訴訟全国弁護団連絡会事務局長、弁護士
 ■谷山 博史 日本国際ボランティアセンター(JVC) 代表理事

第3部───
【パネルディスカッション】イラクの人々と共に私たちは何ができるのか
吉岡 一 氏、佐藤 博文氏、佐藤 真紀氏、谷山 博史・

【日時】2008年12月7日(日) 13:30~16:30

【会場】明治大学 リバティタワー 1093教室

【住所】千代田区神田駿河台1-1(御茶ノ水駅から徒歩3分)
【地図】http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/access.html
【参加費】1000円(JVC会員、明大生・明大教職員は無料)
【主催】日本国際ボランティアセンター(JVC)
    現代史研究会
【協力】自衛隊イラク派兵差止訴訟全国弁護団連絡会
    日本イラク医療支援ネットワーク(JIM-NET

【お申込み】日本国際ボランティアセンター(JVC)
TEL 03-3834-2388
 info@ngo-jvc.net(担当:広瀬
http://www.ngo-jvc.net
 
※事前にお申し込みください。
───────────────────────────────────

●「JVC中東フォーラム」は、「テロ戦争」と中東の問題を、JVCが活動
している現場を通して考える場です。様々な立場の方々を招いて、私たちにでき
ることを探ります。

« 名張事件 「自白は虚偽」弁護団が意見書 | トップページ | オバマは公約を忘れようとしている? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

フォト

新著「人権は国境を越えて」

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブサイト

ウェブページ

静かな夜を

リスト

無料ブログはココログ