« 日本の民法は時代遅れ? | トップページ | 足利事件 DNA再鑑定へ »

2008年10月16日 (木)

国連大学でお話をします。

恐怖の日が刻々と迫りつつあります....

国連大学で初めて講演をすることになりました。

人権保護・促進におけるNGOの役割

というのが私にあたえられたテーマで、10月28日に講演です。

とても名誉なことですけれど、また、少なくとも月に一、二度はこのテーマで講演してるんですけれど、問題は英語で講演する、ということです。

また法政大学でもなぜか、来週、英語でコメンテーターとして議論に参加するように頼まれてしまいました。

留学から帰って、国際的な仕事はしているものの、やはり日本での生活が中心なので、英語は衰えてしまう。

だいたい、私が英語で能弁に語るのは、怒っているとき。

プチッとなると、英語が出てくる。アメリカにいたころは、喧嘩の材料に事欠かないので、よく英語で喧嘩をしていましたし、イラク戦争とか、死刑問題とか、怒る話題には事欠かず、そんな会話は弾んだものでした。

今でも海外に出ると、日本やどこかの国の人権侵害の話なので、なんとかなる。海外で、日本の刑事裁判についてプレゼンを頼まれる機会が多いんですが、頭にきてしまうと、時間をオーバーしても語っているようです。

ところが、もともとの実力はないので、理路整然と、穏やかに、みなさんの前で英語で話すのは大変苦手。

 最悪の事態を回避するために、そろそろがんばって英語のブラッシュアップをしなければ、と思いつつ。。。

 でも、聞きにきてくれるのは、世界各国の若者たち。

 これから世界にまた飛び散って、世界の未来をつくっていく人たち。

 何かを持ち帰ってもらえるようにしたいものだなあ、と思います。

 

« 日本の民法は時代遅れ? | トップページ | 足利事件 DNA再鑑定へ »

学問・資格」カテゴリの記事

フォト

新著「人権は国境を越えて」

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ウェブサイト

ウェブページ

静かな夜を

リスト

無料ブログはココログ