2017年9月24日 (日)

詩織さんのこと、私たちは今もともにある。


詩織さんの検察審査会申立てに対して、不起訴相当との判断が、異例の早さでなされた。
もっとしっかりと審査するのかと期待していただけに、強いショックを受けた。。
報道からは、検察審査会の判断過程が明らかにされず釈然としない。
江川しょうこさんが議決書を謄写されたようだが、
以下のように綴っておられる

詩織さんの訴えに対して、検察審査会が不起訴相当の議決をしたと報じられていたので、どういう理由なのか見に行ったけど、議決書はペラ一枚で、理由らしい理由も書かれておらず……。審査補助員の弁護士も就かなかったみたいだ。

https://twitter.com/amneris84/status/911526657172766720

詩織さんと山口氏のコメントが紙面に登場した。

https://mainichi.jp/articles/20170923/k00/00m/040/105000c

山口氏はこの案件は完全に終結したと言い、将来の報道を封じるような言明をしている。
しかし、そうだろうか。
詩織さんが納得しない限り、この件での終結はないのではないか。
民事賠償の可能性は未だにあるわけだし、
何より、検察審査会はこれでよいのか、性犯罪捜査はこれでよいのか、
将来にわたって議論されるべき多くの問題をはらんでいると思う。
それを封じられることがあってはならないと思う。
私たちは、詩織さんの問題提起を決して忘れたり無にしてはならないと思う。

そして、これだけは言っておきたい。

私の心はあなたのことを思って涙を流しています。
こんな司法を放置してきたことをあなたに申し訳なく思います。
でも悔しさを抱えながら、前に進むしかありません。
多くの人の心は、あなたとともにあります。
#Fighttogetherwithshiori

2017年9月17日 (日)

9月27日末吉里花さん、鎌田安里紗を迎えて、イベント「エシカルな世界を目指して」開催します♬

先ほど、香山リカさんとのイベントご紹介したのですが、もうひとつ、とても素敵なイベント、素敵なゲストとともにお送りいたします。テーマは「エシカル」
めったにない機会ですので、是非みなさま、ご参加くださいね。心より、お待ちしています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「エシカルな世界を目指して、私たちにできることは?」
   http://hrn.or.jp/news/11995/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
国際人権NGOヒューマンライツ・ナウでは、9月27日(水)に
「エシカルな世界を目指して、私たちにできることは?」を開催いたします。

私たちの着る服や食べる、身の回りの多くのモノが、海外の生産現場でつくられています。
そこでは児童労働、貧困問題、環境破壊等、途上国の人々の課題を改善するどころか
不幸に突き落とすような出来事が今も発生しています。
「エシカル」をキーワードに大活躍されている、一般社団法人エシカル協会代表理事の末吉里花さんと
モデルでエシカル・ファッションプランナーの鎌田安里紗さんをお迎えし、
エシカルな社会をつくるために、日本ではじまっている様々な取り組みについてご紹介いただき、
私たちに今求められることをディスカッションしたいと思います。
同時に、ファストファッションの最前線で人々の権利を守る
ヒューマンライツ・ナウの最近の取組についてもご報告します。
ぜひ、皆さまでお誘い合わせの上、ご来場ください!


【ゲストスピーカー】
・末吉里花さん(一般社団法人エシカル協会代表理事)
・鎌田安里紗さん(モデル/エシカル・ファッションプランナー)

【お話し相手】
・伊藤和子(ヒューマンライツ・ナウ事務局長/ 弁護士)

日時:2017年9月27日(水) 18:30~21:00  18:00開場
場所:文京シビックセンター 26F スカイホール
東京都文京区春日1‐16‐21
アクセス:東京メトロ後楽園駅・丸の内線(4a・5番出口)南北線(5番出口)徒歩1分
都営地下鉄春日駅三田線・大江戸線(文京シビックセンター連絡口)徒歩1分
JR総武線水道橋駅(東口)徒歩9分
アクセスマップはこちら http://www.city.bunkyo.lg.jp/shisetsu/civiccenter/civic.html 
参加費 :一般 1,500円/学生 1,000円
お申込み:お申込みはこちらからお願いいたします。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScRKGXv8ZZSlpqyb6eaw1ImFQ5PKq16wUv7SFzzHGactssRRA/viewform

完全事前申込制のため、申し訳ありませんがお申込みされていない方は当日参加していただくことができません。また、定員に達ししだいお申込みを締め切らせていただきますので、お早めのお申込みをよろしくお願いいたします。
上記からお申込みができない場合は、ヒューマンライツ・ナウ事務局(info@hrn.or.jp)宛に、件名を「9/27 エシカルな世界を目指して、私たちにできることは? 参加希望」として、お名前、ご連絡先を明記の上、お申し込みください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
認定・特定非営利活動法人ヒューマンライツ・ナウ
hrn.or.jp
www.facebook.com/HumanRightsNow
@HRN_friends
110-0005 東京都台東区上野5-3-4クリエイティブOne秋葉原ビル7F
FAX:03-3834-1025
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【ご案内】9月21日 香山リカ氏×伊藤和子 「私たち、裁判してみました! 」物いう女性応援プロジェクト

みなさまへ

日頃、誰かの権利に関わるイベントのご案内をさせていただいておりますが、
今回は自分に関わるイベントをご紹介させていただくこと、お許しください。

私事ですが、今年6月に池田信夫氏に対する名誉棄損訴訟で勝訴いたしました。
この裁判を巡っては、多くの方に関心と応援をいただいていましたが、
実は、はっきりとした裁判のご報告の会等をしていないこともあり、
このたび、開催することにいたしました。
この企画は、私と前後して、名誉毀損裁判を経験されている精神科医の香山リカさんとご一緒に企画しました。
「物いう女性は叩け」という風潮を笑い飛ばい、皆さんが元気になれるイベントにしたいと考えております。
当日は代理人弁護士もいらっしゃいます。是非、ご参加いただけると嬉しいです。
裁判の詳細はこちらのブログ、そして以下の記事にも冒頭、少し紹介しています。
https://news.yahoo.co.jp/byline/itokazuko/20170816-00074490/

ここで紹介した「裁判女子会」の第一弾になります。
是非、みんなで言いたいことを言っていきましょう、というイベントにしたいと思います。

パーティー形式で気軽なかたちで開催いたしますし、多士済々、ご参加を表明いただいております。
是非楽しい会にしたいと思いますので、ご参加下さい。
男性も歓迎です。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
「私たち、裁判してみました!」もの言う女性応援プロジェクト 
日時  2017年9月21日 19:00~ 
場所 Galaxy 銀河系 〒150-0001 東京都 渋谷区神宮前5丁目27-7
入場料 2000円
お申込みは、info_hatsugen@yahoo.co.jp

 お名前・携帯番号のご記入をお願いいたします。
9月18日(月)申し込み締め切り
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
ネットや集会で自分の意見をハッキリ話す女性が増えてます。
でももの言う女性への誹謗中傷、バッシングも目立ちます。勇気を出して発言する女性たちを応援しようとイベントを開催します。1回目は香山リカさんと伊藤和子さんの名誉毀損訴訟についてご報告します。
パーティー形式ですので、是非楽しい会にしたいと思います。皆様のご参加をお待ちしています。

スピーカー  
香山リカ氏(精神科医)
伊藤和子氏(弁護士・ヒューマンライツ・ナウ事務局長)
二人の弁護団のみなさま

Facebook イベントページはこちらです。
goo.gl/EjWPH3

東京都台東区上野5-3-4クリエイティブOne秋葉原ビル7階
ヒューマンライツ・ナウ事務局長 弁護士 伊藤和子

2017年9月10日 (日)

庭が、、、

夏の間って庭がジャングル化してしまう。。
暑いから草とりに出たくないのと、雑草が驚くべき生命力で、私が植えた可憐な花々を駆逐する、、、
ようやくいろいろ刈り込みましたよ。
やはり春から夏にかけての頃が一番ですね。
あとは最近冬に、アネモネとラナンキュラスを植えて、これも楽しみです。
早く落ち着きを取り戻しますように!!

2017年9月 4日 (月)

女性のための法律相談・再開いたします。

おはようございます。
AV出演強要問題等でこのところ多忙を極めてい手お休みしていたのですが、
女性のための法律相談、秋から再開いたします。

https://www.facebook.com/events/271512290010342/?acontext=%7B%22ref%22%3A%223%22%2C%22ref_newsfeed_story_type%22%3A%22regular%22%2C%22feed_story_type%22%3A%22117%22%2C%22action_history%22%3A%22null%22%7D

いろいろ心の痛むニュースが多すぎます。女性たちの被害がたくさんありますよね。

少しでもお力になれればと思います。

2017年8月26日 (土)

夏の終わりの明日。木村草太先生×奥田愛基さんと。人権セミナー

夏も終わりですね。。
この季節のなんとなーくけだるい残念な感じが好きです。
ああ、高校生の頃に戻りたいなあ。。。

そんななか、御疲れの方も多いと思いますが、明日は以下のセミナーです。素晴らしいゲストとともに人権について考えます。予約不要なので、是非お時間あればいらして下さい。中高生向けですが、要望が多く大人もOKということになりました。ただし、子ども優先です!!
私たちは、次世代によい未来を造れるように次世代の人たちともっと語り合っていくべきだと思うのです。
目先のいろんなことにとらわれるだけじゃなくて、未来をつくる。育てることにもっと時間をかけていいと思うのです。
みなさま心から歓迎しています。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 中高生 夏休み人権セミナー
   憲法 × 人権 × 私たち
    木村草太氏 × 奥田愛基氏 × 伊藤和子氏
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

*主に中高生向けですが、一般の方も参加できます。

ときどき耳にする、授業でも出てきた「人権」っていったいなんでしょう。
自分たちの暮らしとどんな関係があるのでしょう。
自由に人生を選択することができる、
社会のあり方について自分の意見を自由に言える、
そして差別されない、ブラック企業に殺されない、
そんな人権は私たちひとりひとりの生活に とって実はとても大切なものです。

国連が採択した「子どもの権利条約」では
子どもにも人権が保障されると明確に宣言されています。
ところが、ニュースを見ていて「おかしいな」と思うことは ありませんか。
学校のなかでも、ひとりひとりの個性は大切にされているでしょうか。
生きづらい社会を変えるキーワードとなるのが「人権」です。

学校の授業やニュースだけではわからない
私たちに身近な人権問題について楽しく学んでみませんか?
たくさんの中高生のご参加をお待ちしております!

日 時/2017年8月27日(日) 14:00~17:00(開場13:30)
会 場/玉川聖学院 谷口ホール
    http://www.tamasei.ed.jp/access/tabid/105/Default.aspx
    (158-0083 東京都世田谷区奥沢7-11-22)
    東急東横線・大井町線「自由が丘駅」より徒歩約6分
    東急大井町線「九品仏駅」より徒歩約3分

【会費】
中学生・高校生 500円
保護者・関係者 1000円(受付でお申し出ください)
大学生 1000円(専門学校生・短大生等を含みます。学生証をご提示ください)
一 般 1200円(出来るだけ小銭のご用意をお願いいたします)

【スピーカー】
■木村 草太氏 首都大学東京教授(憲法学)
2003年東京大学法学部卒業。2003-2006年 東京大学法学政治学研究科助手(憲法専攻)。
2006年より首都大学東京・東京都立大学准教授。現在首都大学東京・東京都立大学教授。
主な研究テーマ は思想・良心の自由、平等原則、代表概念論、公共建築と法など。
著書『憲法の急所―権利論を組み立てる』、『憲法の創造力』、
『平等なき平等条項論―憲法14条1項とequal protection条項』など。

■奥田 愛基氏 一般社団法人ReDEMOS代表理事
平和安全法制(安保法制)に反対する「自由と民主主義のための学生緊急行動」
(「SEALDs」)を創設したメンバーの一人。 現在、一橋大学院在学中、
一般社団法人 ReDEMOS(リデモス)の創設者、代表理事。

■伊藤 和子氏 弁護士、ヒューマンライツ・ナウ事務局長
1994年弁護士登録、以来女性、子ども、 冤罪など、人権問題にかかわって活動。
2004年ニューヨーク大学ロースクール留学、2005年国連インターン等を経て
2006年に国際人権NGOヒューマンライツ・ナウを立ち上げ、
以後事務局長として国内外の人権問題の解決を求めて活動中。

◆司会:正田 満氏 (玉川聖学院 社会科)

【参加申込】
※8/25(金)17時以降の参加申込につきましては、
当日ご用意する受付リストへ反映されない可能性がございますので、
お手数ですが当日受付にて参加リストへご記名をお願い致します。

1)参加申込フォーム(以下URL)よりお申込みください。
https://goo.gl/zBeYsX

2)参加費事前払いをご希望の場合は、ピーティックス(以下URL)より
お申込みとクレジットカード等による事前お支払いがご利用いただけます。
http://peatix.com/event/294032

3)上記からお申込みができない場合は、Eメールにて、
ヒューマンライツ・ナウ事務局(info@hrn.or.jp)宛に、
件名を「8/27 夏休み人権セミナー参加希望」として、
お名前、ご連絡先を明記の上、お申し込みください。

※当セミナーは予約不要でご参加いただけます。
8/25(金)17時以降のお問い合わせにはご返信できかねる場合がございますが、
ご了承ください。皆さまのご参加をお待ちしております。

<主催>
認定NPO法人 ヒューマンライツ・ナウ(HRN)
<協力>
玉川聖学院

2017年8月25日 (金)

9月1日を前に、子どもたちに見てほしい。人生って長いし、信じられないかもしれないけど、いいこともある。

9月1日は子ども自殺最多、という悲しい事実に直面する時期。
わかりますよ、私にもよーく。
そんななかで、樹木希林からのメッセージが子どもたちに寄せられているのを見ました。
https://futoko.publishers.fm/article/9204/‬
‪素晴らしいメッセージです。

希林さんは自分をふりかえって、‬

私が劇団に入ったのは18歳のとき。全然必要とされない役者だった。美人でもないし、配役だって「通行人A」とかそんなのばっかり。でも、その役者という仕事を50年以上、続けてこられたの。 だから、9月1日がイヤだなって思ったら、自殺するより、もうちょっとだけ待っていてほしいの。そして、世の中をこう、じっと見ててほしいのね。あなたを必要としてくれる人や物が見つかるから。だって、世の中に必要のない人間なんていないんだから。

それで思い出したのは、私も子どもの頃は結構さえない不器用な子どもで、
親の期待にも添わないし、人生ってあまりいいことないなあ、と思ってた時期がけっこうあったこと。
希林さんのように、道がはっきりして頑張ってる、ということでもなかった。
クラスや環境によってキャラも変わったのですが、絵にかいたような優等生というタイプではなく、おとなしくて隅っこにいたこともあったし、不良みたいに荒れてたこともあるし、いじめられた時期もある。
落ち着いたのは高校に入ってからだと思う。
いずれにしても、褒められたものではありませんでしたし、そんな自分も好きではなかった。

中学の頃にはやっていたさだまさしさんの曲で「自分の人生の主人公は自分」という内容の曲があって、当時、そのような発想がなかったので、びっくりしたことを覚えています。だって、主人公といえばアニメやドラマの主人公で自分とは全然違うわけだし。
というくらい、人生ってあんまりおもしろくない、自分の思い通りにならない、だれかに強制されたことをいやいややらされている、と思っていた時期があります。
まあ楽しいことがあっても、せいぜい奴隷の自由くらいしか享受してない、というメンタリティがあった。
当時の友達に聞いてみると、「元気だったよ」「面白かった」とか言われるので、まあ、周囲から見ればそんな風に見えずにやりたい放題やってたとみられていたかもしれませんが、制服とか、勉強とか、抑圧的で全体としてつらかったように思います。

まあ、でも、高校に行ってからは、自由も増えたし、人生自由に選べるという自由度が増えていった気がするし、自分の好きなことはなんで、嫌いなことはなんだろう、と考えて、選んで、要するに自分の感受性を大切にしたり育てたりするだけの自由が出てきたように思います。
だから中学生で悩んでいる子は、高校になったら全然変わるものだと思ってほしいです。高校で悩んでいたらその先の大学で変われる、そこまで生き延びるの辛ければ、セカンドスクールとかしばらく家で休む、ゲームチェンジはいつだってできると思います。

でも、そう言う私も、その後ずっと順調と言うわけでもなく、人生に悩みは尽きないもので、30過ぎても、結婚して弁護士になっても、つくづく自分を情けないと思うこともありましたよ。
でも、たとえいつまでたっても情けなくてさえなくても、自分を許して大切にしてあげましょう。そして自分だけの人生ですから、他人と自分を比べる必要もないのです。あなたらしく。
私もそれでもしぶとくあきらめずやってきて、ようやく今があるように思うのです。

とにかく人生は長期戦、持久戦、やり直しはいくらでもきくし、環境を変えてしまえば違う自分になることだって、本当はやって見たかったことをすることだってできる。

とにかく、ある学年でいじめられていました、ある時期に楽しいことが全然なかった、つらかった、というのは、本当に一時期の狭い世界での話にすぎないと思う。
日本が息苦しいと思ったら海外だってあるし、少しでも今と違う広い世界に出れば、自分を取り巻く問題とか、自分の悩みがいかに狭い世界の特殊な話なのか、気づくこともある。
環境が変わればいろんなことが変わる。自分自身も変わっていく。
騙されたと思って、ちょっとだけ待って、少し長い目で、ふてくされたままでもいいから生き延びてほしいと思います。
そのうちにいいこともでてきます。
死んでしまったら終わりで、その時の悲しさが固定化して終わってしまうけど、じーっと待っていれば流れも変わる。
今の辛さは過渡期なんだ、一過性のものだと思ってほしいです。
‪人生は長いから、今本当に辛くても、自分が駄目だと思っても、それは永久じゃなくて、いつかいいこともあるもの。

‪希林さんのメッセージが、多くの子たちに届いてほしいと願います。‬
‪ 

拡散希望!!この夏、AV出演強要被害を防ぎたい。プロモーション動画「あなたがいやなら断ることができます」を公開。

■ アダルトビデオ出演強要被害を防止するプロモーションビデオが完成
 「モデルにならない?」「タレントにならない?」と街で若い女性をスカウトし、AV出演や性的撮影を強要する被害。
夏は特に被害が起きやすい季節です。
  こうした被害を被害を防止するために、啓発プロモーション動画・
 「あなたがいやなら断ることができます」が8月8日付で完成、ユーチューブ動画として公開されました。
20170811


Youtube →  

https://youtu.be/GxacJRbfmT0

   (プロモーションビデオ・画面はくるみんアロマさん)。
  紹介ページはこちらです。「あなたがいやなら断ることができます」が完成、公開します。
  このプロモーション動画は、国際人権NGOヒューマンライツ・ナウが、AV出演強要被害を実名で告発されたユーチューバーのくるみんアロマさんとのコラボで昨年12月から進めてきたもの。
 出演いただいたのは、登場順に、

堀潤さん(ジャーナリスト/NPO法人8bitNews代表)、
倉垣まどかさん(女優)、
小菅怜衣さん(女優)、
矢崎希菜さん(女優 高校二年生)、
上杉勇輝さん (俳優) 、
原拓麻さん(俳優・モデル)、
末原拓馬さん(俳優・脚本家、劇団「おぼんろ」主宰)、
くるみんアロマさん(ユーチューバー)、
小川たまかさん(ライター)

の皆さん。若く有望な俳優・女優の皆さんが協力してくれました。
そして、Yahoo個人のオーサーとしても活躍されているジャーナリストの堀潤さん、ライターの小川たまかさんもメッセージを寄せて下さっています。

■ 一人でも多くの若い人、一人で苦しんでいる人に届けたい。
 AV出演強要被害は、国際人権NGOヒューマンライツ・ナウが調査報告書を公表して問題提起し、被害者の方々も声をあげて社会問題として表面化しました。
 意に反して性行為を含む過酷な撮影を繰り返し強要し、その一部始終を撮影して販売し、半永久に販売・拡散する、その被害はあまりに深刻で、自殺者や、心にPTSDを負う被害者がいることが明らかになっています。
 内閣府が今年はじめ、約2500人を対象にした調査でも、73人が望まぬ性的撮影をさせられていたことが明らかになっています。
 これを受けて、今年5月には、政府が包括的な対策を発表しました。
 しかし、まだ対策は実態に追いついていないと実感しています。
 そのなかでも特に重要な課題のひとつは、被害防止の啓発活動です。ビデオでは、被害の事例、悪質業者の強要の様子、被害にあわないため、被害から抜け出すための方法などの情報を提供しています。
 ここで私たちが特に伝えたいのは、

タイトル:  「あなたがいやなら断ることができます」というコアなメッセージです。
同時に、「あなたは悪くありません」「あなたには幸せに生きる権利があります」
「あなた自身が大切にされない場所に居続けるべきではありません」などの言葉も伝えたいと思います。
また、支援団体のご協力を得て相談先も明記しています。
一人でも多くの若い人たちに、このビデオのメッセージが届くよう、是非拡散していただきたく、よろしくお願いいたします。

■ 多くの方の応援&コラボで実現
このプロモーション動画は、ヒューマンライツ・ナウが、AV出演強要被害を実名で告発されたユーチューバーのくるみんアロマさんと語り合うなかで構想され、2016年12月からJapan Givingで開始したクラウドファンディングで共感して下さった皆様からいただいた温かいご寄付によって実現の運びとなりました。
画像
  ひとりでも被害者が出るのを防ぎたい、一人で困って誰にも相談できない方に想いを届けたい、と考え、試行錯誤を重ね、伝えたいメッセージをひとつひとつ言葉にしてシナリオをつくりました。
  幸運なことに、株式会社ジェイツ・コンプレックスの甲斐浩次様をディレクターとするクリエイターの方々が撮影・制作を御厚意でお引き受けくださり、素晴らしいチームワークで完成まで進めてくださいました。
   そして、ジャーナリストの堀潤さん、ライターの小川たまかさん、そして若く有望で、心ある俳優の方々のご協力を得て完成に至りました。ひとりひとりの皆様から本当に素晴らしい演技&メッセージをいただきました。
心よりお礼申し上げます。

■ 「あなたがいやなら断ることができます」は若者みなさんに伝えたい。
  この動画のタイトル「あなたがいやなら断ることができます」を見て、企業向けにも作ってほしいというコメントをいただきました。
  そして私自身、「このタイトルには普遍性がある」と改めて痛感しました。
  若い人たちを過労死、過労自殺に追い詰めてしまうブラック企業、そして学生さえ不当拘束するブラックバイト、デートDV、今の日本で「断る」ことができない若い優しい人たちと、そうした若い人たちを利用して利益を得ようとする人たちをめぐる人権問題が至る所に起きています。
  追い詰められて自殺する前に、あなたにはNoと言い、解放される自由がある、このことも、動画を通じて、たとえAV強要とは関係ない状況に置かれた方々にも知って感じてほしいと思います。
  
   Youtube →  

https://youtu.be/GxacJRbfmT0

   紹介ウェブページ→ 
http://hrn.or.jp/news/11813/
 
   AV出演強要被害調査報告書→ 
http://hrn.or.jp/news/6600/


ネットで事実に反する誹謗中傷を受けたらどうしますか? やってみると簡単。池田信夫氏への名誉棄損訴訟

暑い夏。。いかがお過ごしですか。私は休暇旅行からようやく戻ってきました。
休暇前に書いたヤフー記事を多くお読みいただいています。
この裁判、本当にいろんな方から応援いただきありがとうございました。
こちら、転載のうえ報告させていただきます。
この体験談を通じて同じことで悩んでいる方がエンパワーされると嬉しいなと思って書きました。

Photo

「物言えば叩かれる」の風潮を変えましょう(画像は事案とは関係ありません)

■ 広がるフェイクニュース、ネット上のデマや中傷
  インターネットが普及し、特にSNS利用が浸透するなか、ネット上の誹謗中傷、名誉棄損は深刻になりつつあります
  記憶に新しいところでは、ヒラリー・クリントン氏が大統領候補の当時、「クリントン氏らが首都ワシントンのピザ屋に拠点を置き、児童への性的虐待や児童売買に関与している」との偽ニュースが流れ、大統領選挙にも一定の影響を与えたというのです。
  全く根も葉もないニュースなのに大量に拡散され、人々が信じることになり、大統領選挙にまで影響する、とても怖いことです。
  日本でもネット社会で、同様な被害が増えています。デマでも根拠がなくてもどんどんしつこく攻撃すればよい、という風潮が広がっているようです。
  私も弁護士という職業柄、特に女性の方から心無い誹謗中傷や名誉棄損を受けた! ということで、ご相談を受けたり案件を担当したり、ということをしてきましたが、なんと自分も被害にあうことになったのです。

■ 池田信夫氏に対する裁判
  私事で恐縮ですが、多くの皆さんの悩みとも関係することなので、紹介いたします。
  私は池田信夫氏という評論家の方に名誉棄損の訴えを起こして、この6月に東京高裁で勝訴判決をもらいました。
弁護士ドットコムニュースが伝えてくれています。

経済評論家の池田信夫氏にインターネット上で虚偽の情報を流されて、名誉を傷つけられたとして、国際人権NGOヒューマンライツ・ナウの事務局長をつとめる伊藤和子弁護士が損害賠償などを求めた裁判の控訴審判決で、東京高裁は、計約57万円の損害賠償の支払いを命じた一審東京地裁判決を変更し、計約114万円の支払いを命じた。判決は6月22日付。
きっかけとなったのは、児童買春などの調査で来日した国連の特別報告者、マオド・ド・ブーア・ブキッキオ氏が2015年10月、日本記者クラブでの記者会見で発言した内容だ。ブキッキオ氏の発言は「日本の女子学生の3割(30%)は現在、援交をやっている」と訳されたが、「13%」の誤訳だったとして、のちに訂正された。
伊藤氏が(1)ブキッキオ氏がNGO関係者から聞き取りをおこなっていたこと、(2)その会合に参加したことをツイッターで報告したところ、池田氏は「(伊藤氏が)『日本の女子学生の30%が援助交際』などのネタを売り込んでいる」などとツイッターやブログで批判した。

出典:弁護士ドットコムニュース
   第一審の東京地裁判決は昨年11月に出ていたのですが、賠償額があまりにも少ない。そこで弁護士さんの勧めもあり、東京高裁に控訴をしたわけです。その結果、東京高裁では、賠償額が倍増しました。
  それでも私の請求額から比べると少なく、謝罪広告も認められなかったので不満ではありますが、最高裁までやるということはせずに判決は確定しました。
  そして、その後、池田信夫氏は賠償額を耳をそろえて全額支払われました。
  結論からいいますが、

根拠のないデマを言われた名誉棄損裁判ですから、相手は訴訟にまともに反論できず、やってみると簡単だった
、ということになります。

■ 私が池田信夫氏に裁判を起こすことになった経緯。
   2015年10月下旬に、国連児童ポルノ等に関する特別報告者が来日し、この方が開いた記者会見で、日本の女子高生のなかでの援助交際の比率について13%が援助交際をしているなどと言及し、その後撤回するということがありました。
   この一連の動きに関連して、ツイッターで20万人以上のフォロワーを持つ池田信夫氏が国連特別報告者に虚偽の報告をしたのは私であるとの、事実に基づかない情報を何度もしつこく流したのです。
   その経緯は、このヤフーニュース個人で以下に詳細に説明しています。

http://bylines.news.yahoo.co.jp/itokazuko/20151101-00051024/

   ちょうど、国連特別報告者が日本の女子高生の13%が援助交際をしていると発言した、というニュースが駆け巡り、世論が「誰がそんなことを?」と関心や怒りが高まった瞬間に、突然何の根拠もなく、池田氏が私が情報元と決めつけ、20万人以上のフォロワーに拡散されたわけですから、多くの人がそれを信じて、私を信用できないなどと言い出したのです。
  まさに根も葉もない「炎上」、こわいなと思いました。
  こうした行為は明らかに名誉棄損であり、私が国連に対し虚偽の事実を報告している、という誤解が生まれることは、弁護士であり、国際人権NGOの事務局長をしている私の信用を失墜し、業務にも影響が及びます。
  そこで私は、2016年4月に、池田信夫氏を被告として、東京地裁に名誉棄損訴訟を提起したのです。

■なぜ提訴したのか。
  こう振り返ると、とんとん拍子ですぐに裁判をしたのか、と思われますが、実は、すぐに訴訟をしようという話にはなりませんでした。
  医者の不養生みたいな話で、私自身、弁護士としてたくさん提訴してきましたが、自分が原告になるのは初めての経験、やはり自分が裁判をするとなるといろいろ躊躇を覚えるものです。
  弁護士費用は弁護士にとっても出費ですし、自分も裁判するとなると勝つために何年間も裁判最優先にしないといけない、自分で自分のことについて訴訟するのも気が重い。
  また、「池田氏なんか相手にしないでほしい」「伊藤さんはいろんな活動で忙しいのに、裁判まで時間を割かれるともったいない。そんな時間があるならもっと有効に活用してほしい」などと言われました。
  私も、「裁判長引くかなあ・・・面倒だあ・・・」と思っていたのです。
  そんな時、以前から親しかった佃克彦弁護士と弁護士会の懇親会で会う機会があり、佃先生が引き受けてくれることになりました。これはラッキーでした。 佃先生は名誉棄損分野の第一人者で、書籍も出されており、大変信頼してお任せしています。
参考・

https://gunosy.com/articles/RPLOg

■ 提訴した直後に起きたこと
  提訴されたことに池田氏はGW頃に気付いたらしく、Twitterでさらに誹謗中傷を始めました。
  このような訴訟はスラップ訴訟だ、という論旨で、不当訴訟だと大キャンペーンを開始し、さらに、私を名指しして「法廷内外で協力して、害虫を駆除しよう。」とTwitterで述べ、それをリツイートする人もいたのです。
  弁護士が弁護士でない人を提訴することがスラップ訴訟になるなら、弁護士が権利を侵害された場合何もできなくなり、弁護士は憲法上の裁判を受ける権利を奪われるということになりますが、まったくおかしな話です。
  また、人間を害虫になぞらえて駆除しようという言論は、ルワンダのジェノサイドやナチス時代の迫害でも使われたものであり、まさに異常な状況でした。
  そこで、こうした表現も不法行為に該当するということで、追加提訴をして追加賠償を求めました。東京地裁、東京高裁とも、この件についても不法行為と認め、賠償を命じています。

■ ところが提訴後は、、あっけない裁判
   提訴直後のリアクションが激しかったので、一体どんな裁判になるか、と思っていたのですが、裁判は証人尋問も行われず、あっさりと結審し、判決になりました。
   

スラップ訴訟で訴訟自体失当である、という主張はありませんでした。 
  
   
そして、池田氏は、真実性の証明をしませんでした。

   真実性の証明というのは、名誉棄損言動として訴えられた言動が、公共性を有し、真実であれば、名誉棄損は成立しないことになるので、「いや自分の発言は真実なのだ」と主張することで、名誉棄損で訴えられた場合は通常これを行うのです。
   この場合であれば、私が
  「『日本の女子学生の30%が援助交際』などのネタを売り込んでいる」のは事実であるということを証拠に基づいて主張、立証するということになります。
  ところが、池田氏はこの主張をすることを放棄したのです。
  そして、出てきたのは、仮に伊藤弁護士がそのような情報を提供したと言ったとしても、それ自体は伊藤弁護士の社会的信用を低下させるものではないので、名誉棄損ではない、というような珍説と言っては失礼かもしれませんが、裁判所から排斥される主張を展開されてきたのです。
  そうなりますと、裁判は早いです。数回で結審、判決となりました。私は出廷することは一度もなく、陳述書だけ準備しました。
  裁判の物理的・心理的負担はほとんどゼロです。
  そもそも根拠もない、証拠もないデマを言われた場合、名誉棄損の訴訟をすれば、根拠のないことを言いたい放題言った人間は、反論のしようがない、証拠も出せないため、裁判はすぐに終わり、勝訴できる、
  これが今回得られた大変ポジティブな教訓だったと言えるでしょう。
  そして、賠償金が低いと思ったら控訴をすればいいのです。
  
根拠のないデマを言われた名誉棄損裁判の場合、簡単に勝てる、ということを是非お伝えしたいと思います。

  中には政治的に難しいケースもあるでしょうし、すべてのケースに当てはまらないかもしれませんが、何の根拠もない不当な非難や侮辱、攻撃に対しては、やはり泣き寝入りするのではなく、自分の権利のために裁判を利用することを皆さんにお勧めしたいと思います。 
   そして、安易に根も葉もない発言を続ける論者の方や安易にそれを拡散する方にも、そういうことを続けると制裁を受けます、賠償金を支払うことになります、ということをこれを機によく注意していただきたいと思います。

■ 泣き寝入りより権利行使したほうがいい。 
  私も当初提訴するか迷っていたわけですが、結果から見ると、やはり権利を侵害されたら救済手段を求めるというのが大切だと改めて思いました。
  「権利の上に眠る者は保護されない」、これは法学部に入ったばかりの頃に勉強する有名な格言ですが、改めて思い出しました。
  人には常々そのようなお話しをしている私も自分が直面して実感したわけです。
  法学部に入って最初の頃に読む本に「権利のための闘争」というイェーリングという人の本があり、

自己の権利が蹂躪されるならば,その権利の目的物が侵されるだけではなく己れの人格までも脅かされるのである.権利のために闘うことは自身のみならず国家・社会に対する義務であり,ひいては法の生成・発展に貢献するのだ.

出典:

https://www.iwanami.co.jp/book/b248600.html

  というメッセージが有名ですが、まさにそうだと思います。
  と言いますのも、私の裁判経過を見ていた女性の方々から提訴時や判決時にたくさんのメッセージをいただき、「励まされた」「みんながやられっぱなしでもんもんとしていたが、すっきりした」「私も提訴してみる」等という方が多かったのです。
  同じ人物の被害にあっているという方にも何人もおあいしました。
  実際、こうした方の中にはその後、法的手段に訴えて、和解したり、裁判したり、解決される、という方がいるのを知っています。
  本当に、根も葉もない中傷の場合、相手の氏名等が特定されていれば、簡単に法的手段をとり、勝訴することができるはずですので、困っている方には是非お勧めしたいと思います。
  そして、そのためにも、弁護士はもっと敷居が低くならないといけないと痛感いたします。

■ 女性やマイノリティがターゲットにされやすい、物言えば叩かれる風潮
  私の場合、池田氏に一度もあったこもなく、なぜ、根拠もないのに断定するのかも全く意味不明でした。
  ところが、特にSNS上では、ある程度名の知られた人物が、自信たっぷりに断定口調で、「これが犯人」と事実無根でも名指しすれば、多くの人が「何か根拠があるのだろう」「きっと面識があり正しい人物評なんだろう」と思われ、拡散されたり信じられたりしていくのです。普通の方は、識者と言われる人が何の根拠もなく人を名誉棄損したり誹謗中傷するようなことはまさかすまい、と思うからでしょう。
  ところが、現実には、特にそうしたことがまかり通っているのです。
  こうした名誉棄損、意図的なデマ、誹謗中傷は、被害は男女問わずあるようですが、特に女性には深刻なように感じています。
  日本では、2015年にはシールズという学生グループのうち女子学生たちが、事実に反する名誉棄損や、とても性的に屈辱的な誹謗中傷を受けるという被害にあっていました。若いのに、突然多くの人の注目を集めるようになってしまった女子学生、免疫も準備もできていないのに、突然多くの人たちから誹謗中傷されるわけです。特にTwitterですと、匿名の誰だかわからない人間からの執拗な非難。抗議しようにもどこの誰かもわからない。気味が悪いし、社会的に発言したり、社会運動をしようとしても嫌になってしまいますね。
  また、女性の政治家の方たちも、タレントさんたちなど、執拗な被害にあっている人たちがいます。
  一言でいうと、物言う生意気な女は叩け  ということでしょうか。
  このように女性がターゲットになりやすいというのは、世界的にも広がっている現象のようです。
ヨーロッパ諸国では「女性に対するヘイトスピーチ」と定義づけ、すでにヨーロッパ評議会としても対策を講じることが決定し、各国で取り組みが始まっています。
   男性でも被害に苦しむ方もいると思いますが、なかなか反撃ができない、法的手段に訴えないであろう、とみなされた人やマイノリティが対象になりやすいように思います。そして、反論したり、法的手段に訴えたりしないと、どんどんエスカレートしていくでしょう。
  そして、こうしたことは、だれにでも開かれたインターネット空間等で行われているわけですから、見ている者も怖くなります。
  物言えば批判の域を超えて大々的に叩かれる、デマや性的な誹謗中傷される、という言論空間では、若い世代が委縮して物が言えなくなってしまうでしょう。
  良い政治家も育たない、民主主義も育たない。日本社会の健全な発展を阻害するものであり、残念なことです。
  提訴時に私はこちらのブログにこのように書きました。
  

最近、社会的発言をする人、人権や自由に関する現在の日本の空気に危機感を抱き、政府のありように物申す人、権利を行使しようとする人に対し、インターネット上で事実に反する悪質な誹謗中傷や侮辱がなされるケースが増え、物が言いにくい萎縮した環境ができつつあります。特に女性がそうした誹謗中傷や侮辱のターゲットになりやすい状況があります。
  もちろん、インターネットその他での自由な言論は大切ですが、事実に反する個人への誹謗中傷はかえって言論を萎縮させるもので、言論空間にとってもマイナスです。
  私としては、この問題を法的に解決していくことが、同様の問題に悩む方々を励まし、社会にも一石を投じることになるのではないかと考えました。特に若い世代の人たちのためにも、現在の言論環境を少しでも改善するために行動したい、という思いもあります。

出典:ブログ
  このように簡単に勝訴できたことをご報告することを通じて、多くの方に泣き寝入りしたり委縮したりしないで、行動してもらいたいと願ってやみません。
  これから、「裁判女子」という言葉をはやらせたり、「裁判女子会」などをやってみたいと思います。
  そして、物言う女性は叩かれる、権利を主張するマイノリティは叩け、というような由々しき風潮をなくしていきましょう。
【参考】
 池田氏への名誉棄損訴訟 一審東京地裁判決 → 
http://mimosaforestlawoffice.com/documents/20161125_hanketsubun.pdf

 池田氏への名誉棄損訴訟 二審東京高裁判決(確定) → 
http://mimosaforestlawoffice.com/documents/20170711_kousoshin.pdf

2017年7月26日 (水)

28日は「AV出演強要・性被害。私たちの取り組みとこれから」

金曜日はプレミアムフライデー。皆様への感謝も込めて、以下のイベントを開催することになりました。
かなりいっぱいになってしまいまして、ちょっと心配なのですが、
是非みなさまに楽しい思いをしていただける会にしたいと考えています。
是非ご参加いただけると幸いです。

伊藤和子

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
トークイベントと交流パーティー
「AV出演強要・性被害。私たちの取り組みとこれから」
http://hrn.or.jp/news/11282/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【日時】 2017年7月28日(金) 18:45~21:00 (開場18:30)

【会場】 SHIBAURA HOUSE(芝浦ハウス)
     108-0023 東京都港区芝浦3-15-4
アクセス>JR山手線・京浜東北線 田町駅 芝浦口より徒歩7分
地図
http://www.shibaurahouse.jp/about/access_contact
グーグルマップ
https://goo.gl/maps/9Tng2
【内容】トークイベントと交流パーティー
「AV出演強要・性被害。私たちの取り組みとこれから」
■ヒューマンライツ・ナウより取り組みのご報告
■ゲストトーク
・山本潤氏(Spring代表、性暴力サバイバー)刑法性犯罪規定改正について
・仁藤夢乃氏(女子高生サポートセンターColabo代表)
     JKビジネス問題について   ビデオメッセージ
■ディスカッション
くるみんアロマ氏(ユーチューバー)
藤原志帆子氏(人身取引被害者サポートセンターライトハウス代表)
山本潤氏(Spring代表、性暴力サバイバー)×伊藤和子(ヒューマンライツ・ナウ)
サプライズゲストも予定!
※交流パーティーでは、お飲物と軽食をご用意いたします。
【参加費】
・一般 3500円/学生 2500円/会員・支援者の方 3000円/学生会員 2000円
被害者が声を上げられず、泣き寝入りし続けてきた社会が少し変化するのでしょうか。
ヒューマンライツ・ナウが2016年3月に公表した「AV出演強要被害調査報告書」。
以来、私たちは被害者の方々、支援団体の方々とともに問題の深刻さを社会に訴えてきました。
この1年余、この問題は深刻な社会問題として認識され、2014年3月以降、政府は本格的に対策に動き出しました。
皆様のご支援に心より御礼申し上げます。
今国会では、性暴力被害者たちにとって厳しすぎた刑法・性犯罪規定の改正法案が上程され、
刑法改正が成立しました。JKビジネスに関する国等の対策も始まっています。
しかし、まだまだ課題は山積しています。今こそ分野を超えて語り合いたい!
同じ思いを抱えて行動する人たちと連携したい。
そこで、今回のイベントでは、私たちがこれまで実現してきたことをご報告するとともに、
勇気をもって声をあげた被害者の方々、性暴力被害の問題に取り組む方々をお招きして、
残された課題を語り合う機会にしたいと思います。
この機会に皆さんに感謝し、交流するささやかなパーティーも開催しますので、是非、お気軽にご参加ください。
ヒューマンライツ・ナウの他のプロジェクトに関心のある方々も
是非パーティーの時間にネットワーキングができると嬉しいです。
盛夏のプレミアムフライデー、皆様のご参加を心よりお待ちしています。
HRNがAV出演強要、デートDV等女性の権利侵害をなくすために進めている広報キャンペーンに
についてもお披露目させていただきます。

お申込みについて
【参加費】
・一般 3500円/学生 2500円

・HRNのAV出演強要問題についてのクラウドファンディング
(インターネット募金)または署名に参加された皆様:3000円
※事前にお申込み下さい。事前申込なく当日参加される場合は、ご寄付・署名されたことを
示す書類(領収証、メールの控え、スクリーンショット等)を必ずお持ちください)

・HRN会員
(法人、団体、個人、賛助会員・マンスリーサポーター:3000円/学生会員:2000円)
※総会出欠のご回答(下記参照)にてお申込された方は、再申込不要です。

【参加申込み方法】
1)参加費事前払いの場合:以下、ピーティックスよりお申込みとお支払いをお願いします。
http://peatix.com/event/280492

2)参加費当日払いの場合:以下の参加フォームにお申込みをお願いします。

https://docs.google.com/forms/d/12E-kkl4E_-cvT4LvjWCiH3BSBEWV5LXG5QeQuUfbmFA

3)上記の参加フォームからの申込が出来ない場合は、

HRN事務局(info@hrn.or.jp) へ、件名を「7/28イベント参加希望」として、

お名前、メールアドレス、ご所属(任意)、参加費の種別(前述参照)をご送信下さい。

※人数把握のため事前申込みにご協力ください。どうぞよろしくお願い致します。


«デービッド・ケイ氏報告に関する事実に反する報道と論評・産経新聞、百田氏、田母神氏らに抗議・反論します。

フォト

新著「人権は国境を越えて」

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ウェブサイト

ウェブページ

静かな夜を

リスト

無料ブログはココログ